るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/28

「セックス依存症の記録」

相馬真由美氏の「セックス依存症の記録」(朱鳥社)を読みました。
アメリカで生活していたとき経験、精神障害によっての苦悩とその治療の体験を中心に、子供の頃の家族関係や、帰国後のことや、これからのことについて語っています。テーマに関心のある方は、一読を。

日本ではセックス依存症に関しての豊かな情報がないと書いてありますが、同感です。アメリカでは、セックスのことは、オープンに学校でも、友達の間でも、医師との会話でも出てきました。卑猥な話題にしたり、噂話をするのではなく、情報交換や自分の体験や考えなどを話していました。宗教心の強い人は、セックスは子孫を残すだけのものと考えていた人もいます。ヒッピー系の友達で、もっと自由にセックスを生活や自分の一部として考えていた人もいます。そして、なかには男の子に寄ってこられると、断りきれなく、誰とでも寝ていた子もいました。結婚するまで、しない女性もいました。さまざまでした。

もう一冊。K子氏の「セックス依存症だった私」(新潮社)を、最近、書店で見ました。こちらは、ちょっと過激でした。でも、彼女のような10代、20代の女の子たちが、これから日本でも増えてくるような気がしてなりません。
麻薬と不特定多数相手のセックスは、本当に女性にとっては怖いです。過ぎると、体をぼろぼろにしてしまいます。エイズを含め、色々なSTD(性感染症)に感染する危険性は、性行為には常に伴っています。麻薬は心身を滅ぼす薬です。大麻を吸いながらのセックスは、なんともいえなく気持ちがいいということです。普通の感覚では味わえない性行為を体験し、一度はまってしまうと、なかなか抜け出せなくなる危険がでてきます。アメリカでは麻薬を使ってセックスするなどの話は、中学生や高校生の間でも時々あると聞きました。日本では、まだそれほど一般的にも話題になりませんが、水面下ではもうすでに起きはじめているような気がしてなりません。

やっぱり、麻薬には“NO”という態度をとり、セックスは安心でき信頼できる、何があっても互いに責任を取り合える、好きな相手とがいいのでしょうね。
スポンサーサイト

≪ 人は単純じゃないよねホームある女性の話 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。