るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/13

「<戦争の世紀を超えて> わたくしが生きた昭和の時代」 吉武輝子

「ぉ嬢ちゃん、何があったか知らないけれど、人間というものはね、何があったかではなく、その先どう生きたかで価値が決まるんだよ。ぉ嬢ちゃんは生きている甲斐のある人間だと神様が思ったから命を返してくれたんだよ。」


「そのときわたくしは、改めて自分が暴力で奪われたものは肉体ではなく、幸せになりたいという意思なのだということに明確に気づかされたのです。・・・・加害者が忘れ、被害者が生き延びるすべとして記憶を消しながら、しかし身体がしっかり覚えていて、男に心開くことなく人生の落伍者と、自らを貶めている。性暴力の理不尽さ、不条理さはここにあるのではないでしょうか。」

「・・・戦争は敵も味方も恐怖を与えるものへの憎しみで人格崩壊を起こすのだ。だから、たがいに残酷な殺し合いが出来る。戦争は人間性を奪い取る最大の悪だ。」

スポンサーサイト

≪ 「原発頼み」 反対!!!!ホーム発酵食品 ≫

Comment

ボタン一つですね

こんばんは(^-^*)/
最近はボタン一つで最終兵器の核弾頭やゲーム感覚で画像を見ながら簡単に人を殺せるようですね。
精神的な堕落が欧米の軍で散見されますよね!(・_・;)

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

-

管理人の承認後に表示されます

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。