るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/12

距離と情報と実感と

停電だったのでテレビが見られなかった。
震度5強のゆれを体感し、停電の不便さを実感し、今後の不安などを持ちつつも、
同じ日本にいても津波の恐ろしさを見ることが出来なかった。

そんな時、地球の裏側のアメリカでは友人達が津波の映像や火事の映像を見て、衝撃を受けて、
心配してくれていた。地震直後から24時間日本の地震番組を放映していて、ずっと見ているという。

遠くの人たちは見聞きしていることを、近くにいる自分が知らない。
いまの情報ってそんなものなのかと、考えさせられた。

情報と経験の違い・・・そんなことを考えさせられた。
スポンサーサイト

≪ 台湾の地震 1999年9月ホーム3.11の地震、その後 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。