るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/21

金丸君

ご冥福を祈ります。
知的障害者の施設へボランティアへ行った時会った金丸君。
彼は本当にあそこの施設にいなければならなかった知的障害者だったのだろうかといまだに思う。
自分で作詞作曲して、ギターも引いたりしていた。そして、話しているとこの人は知恵のある人だなあといつも感心させられていた。

そんな彼が死んでいた。心筋梗塞だったという。

ボランティアに行かなくなって、その後、精神病院へ入院したと言う。
その病院へ言った人は、その病院は鉄格子だらけで、あそこへ入ったら人権も何も守られないと話していた。

きっと入院して、精神の薬を投与されたのだろう。量が多いと心筋梗塞を起こして死んでしまう場合もあると聞いたことがある。彼はきっとそうやって「殺された」のだと思う。

知的障害者が精神病院に入れられてしまうケースが少なくないという。そんな人たちの人権はないも同然であるような気がしてならない。どうすれば彼ら、彼女の人権が守られるのだろう。考えるだけでも辛い。
スポンサーサイト

≪ 同僚ホーム遠い親戚の女性の死 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。