るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/19

つながり映画祭

つながり映画祭の紹介です!
以下、ホームページから抜粋しました。

http://www.uplink.co.jp/factory/log/003261.php

12月3日から9日までは「障害者週間」です。例年この期間に、障害をテーマにした多様なイベントが全国各地で行われています。
きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)は創立30周年にあたり記念映画を製作し、既に全国740ヵ所で上映会を開催しています。また、全日本ろうあ連盟も創立60周年の記念映画を製作し各地で話題を呼んでいます。この映画を含め、時代や障害のちがいを超えて、25本の選りすぐりの映画を集めました。
「広く市民のみなさんに映画を観てもらいたい、そして障害について知ってほしい」という思いから、障害者週間に合わせ、毎日複数作品を上映し、トーク・セッションも交えた「つながり映画祭」を企画しました。トーク・セッションには、映画製作に携った方や障害について関心を持ち社会的に活躍されている方などお招きしました。
今だからこそ“つながること”の大切さを、映像作品とトーク・セッションを通して捉えなおす機会にしていただければと思います。ぜひ足をお運びください。

主催:きょうされん
企画:イメージ・サテライト
運営:アップリンク
特別協力:全日本ろうあ連盟
協力:(作品提供社)シグロ/ピース・クリエイト/モンタージュ/「ぼくはうみがみたくなりました」製作実行委員会/アステア/アズマックス/自由工房/バオ/日本映画学校/サクセス・ロード/心の杖として鏡として製作委員会/現代ぷろだくしょん/ドキュメンタリー・ジャパン/疾走プロ/フューレック/いせFILM(作品上映順)

日時:12月3日(木)~11日(金)
料金:一般¥1200/シニア・障害者(付添1名分も)¥1000
前売券¥1000、当劇場受付けにて発売中!

~トーク・ショー開催!~
12/3(金)18:30;
ジェームス三木(脚本家)×伊藤静美(麦の郷創立者)
12/5(土)16:30;早瀬憲太郎(監督)×山本おさむ(漫画家)
12/7(月)16:30;平沢保治(元患者自治会長)
12/9(水)18:30;石井めぐみ(女優)
12/11(金)18:30;
神田昌典(経営コンサルタント)×藤井克徳(きょうされん常務理事)
≪劇映画8本、記録映画15本、アニメ2本≫
「おくりびと」(バリアフリー版=字幕・副音声付:劇映画/130分/08年)
「あした天気になる?」(記録映画/85分/09年)
「彼女の名はサビーヌ」(記録映画/85分/08年/フランス)
「ふるさとをください」(劇映画/94分/08年)
「自転車でいこう」(記録映画/115分/03年)
「ぼくはうみがみたくなりました」(劇映画/103分/09年)
「精神」(記録映画/135分/08年)
「あぶあぶあの奇跡」(記録映画/135分/08年)
「ゆずり葉」(劇映画/103分/09年)
「安心して老いるために」(記録映画/151分/90年)
「ウィニング・パス」(劇映画/108分/03年)
「星の国から孫ふたり」(劇映画/95分/09年)
「夜明け前のこどもたち」(記録映画/120分/68年)
「どんぐりの家」(アニメーション/110分/97年)
「熊笹の遺言」(記録映画/60分/02年)
「ピピとべないホタル」(アニメーション/90分/96年)
「破片のきらめき」(記録映画/80分/07年)
「筆子・その愛」(劇映画/119分/06年)
「昭和八十四年」(記録映画/84分/09年)
「障害者イズム」(記録映画/90分/99年)
「さようならCP」(記録映画/82分/74年)
「泣きながら笑う日」(劇映画/115分/76年)
「風のかたち」(記録映画/105分/09年)
「花はどこへいった」(記録映画/71分/09年)
「しごとのいみ(3部作)」(記録映画/114分/09年)

≪注記≫
昨年最も話題の「おくりびと」のバリアフリー版が初披露されます。そして、 古典的な意味のある「夜明け前のこどもたち」、原一男監督のデビュー作「さようならCP」、松山善三監督の記念碑的な作品で坂本九の最後の出演作「泣きながら笑う日」、最近の話題作の「彼女の名はサビーヌ」(カンヌ映画祭監督週間国際批評家連盟賞)、「精神」(プサン映画祭・ドバイ映画祭の最優秀ドキュメンタリー賞)、そして最新の作品が7本という、注目される番組構成となっています。殆どが独立プロの自主製作で、主な公開も自主上映という厳しい条件のもとですが、多くの市民の協力で輪が広がっています。すべての作品が“障害者福祉とは何か”について考えさせてくれる粒揃いのものです。

スポンサーサイト

≪ テレビホーム「日本があぶない」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。