るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/08

「日本があぶない」

今回の海外出張で感じたことは・・・

「日本があぶない」ということ・・・

危機感を持たない日本。
本来であれば連帯感を持って自分たちの社会を守ろう、
自分たちの生活を守ろうとするべきだろうに・・・。

危機感を持つと、内向きになり、保護的になり、互いの足を引っ張り、不安に襲われて身動きのできなくなってしまう島国の人々・・・・

これじゃ・・・
先が危ない。

母国語や英語はできて当たり前、それプラス数ヶ国語できると・・・話題になる。
7ヶ国語できると、へぇ~すごいねと話になるグローバル社会。

自国にお金や資源や仕事を流し入れようとグローバル社会で翻弄している人々。
自分たちはグローバル社会で戦い、自分の社会へ高額の税金を支払い、共に助け合う社会を作り上げている。誰も派手な生活はしないけれど、安心とこころの平安をみんなが手に入れられるような社会をつくりあげている。成熟社会とはそんなものなんだろうという気がする。

日本のように「あの人は働いていないから、ホームレスになるのは自業自得」
とか「離婚したんだから、シングルマザーで生活が苦しいのは自業自得」と見放す冷たい日本社会とは、異なる大人の社会、本当の大人の人たちのいる成熟した社会を垣間見てきた。

外から見ると、地味で、質素で、画一的に見えたけれど、ドアの中はとても暖かく、個性的で、自由な発想や行動があった・・・。

日本のように外ばかり派手だったり、きれいだったり、見栄で生きている社会とは大分異なる。
日本のように見栄えはいいけど・・・、内側は?と問われたり、見られると、カラカラで干からびていて何もないか、内側から腐ってきていることが多くある。悲しい社会。可哀想な人々。
スポンサーサイト

≪ つながり映画祭ホーム日本の味 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。