るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/20

マザーテレサ

オリビア・ハッセーがテレサ役の映画「マザーテレサ」を見ました。
祈りの姿を見ていると涙がこぼれて落ちるくらい切実な祈りを垣間見るような気持ちにさせられます。

マザーテレサに関しては伝記も何冊も読んでいたので、内容としては真新しいことはありませんでしたが、目からも耳からも彼女の生き様が感じ取ることができる映画でした。

涙なしには見ていられない映画でした。いくつも素晴らしい場面はあるのですが、今印象に残っているのは、はじめの祈りの場面や宗教を関係なく救いの手を差し伸べるマザーの姿勢、主に全てをゆだねる大らかな姿、主の存在を遠く感じたときに祈つづける姿、そして組織の力を信じない言動などです。

また、いつかみたいと思いますが、映画の流れを思い出すだけで泣けてきてしまう私は、もうちょっと時間を置いた方がいいのかもしれません。

映画「マザーテレサ」オフィシャルサイト:
http://www.motherteresa.jp/
スポンサーサイト

≪ イタリアホーム歓びを歌にのせて ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

マザー・テレサ

紀伊国屋書店に注文していた本を取りに行く予定でしたが・・・・予定を変更して、気になっていた映画『マザーテレサ』を観てきました。「泣くだろうな~」と思っていたので、ミニタオルを持参したのですが・・・・・ポロポロと言うより、ダァーと止め処なく涙が流れて仕方が

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。