るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/07

最近

コメントを頂いたまま、返事ができなくてごめんなさい。
最近は、職場で一日中PCとにらめっこしているので、家に帰ってきてPCの前に座るよりも、目や肩を休めなくては・・・と、自宅でタイプする時間を少なくしています。
もうチョット涼しくなり、余裕がでてきたらお返事します。

最近は、朝から夜まで仕事です。
正社員として採用されましたが・・・、1年間を通してみると派遣のときの報酬と変わりません。
正社員になると、朝もチョット早く来てくださいと言われ、夕方も残業が期待されます。
20年以上、同じ会社で派遣社員の人もいますから・・・。派遣社員のほうがよかったのかもしれないと思います。
でも、正社員になったことで、会社の内部は良く見えてきました。知らないことを、知りたいという欲求の強い私にとっては、それが唯一のメリットです。どのように人が上に上がっていくのか、役員にはどんな人たちがどんな風になっていくのか、どのような人たちが平社員のままでいるのか、等等
なんとなく見えてきています。

役員の報酬は私の給与の10倍以上、会社のお金を私費のように使っています。自宅まで運転手さんが車でお迎えしたり・・・。でも大して仕事はやっているようでもないし。変な組織です。まあ、もっとひどい組織もあるのでしょうが。そんなことを話していたら、知人は「JR東日本の役員なんてもっとひどいぞ・・・・」等といろいろ話していました。

今いる会社では、数年前に、パワハラがひどく会社の外階段のところで自殺をした人がいたという話も耳にしました。30代や40代の職員の少ないこの会社では、その年代の人たちは過労している傾向があります。最近も、37歳の人が突然脳卒中で死んでしまいました。50代のおじ様社員たちが、「まだ若いのに・・・あの人子供二人いたよね・・・」などと話しているのを耳にしました。

一方で、最近60歳で退職している人がたくさん出ています。ほとんどの皆さんは家のローンも払い終わっていて、子供も独立しているそうです。それで、満額の退職金をもらっていて、「そんなにもらっても何に使っていいかわからない」という人もいるくらい。そんなときは、「そのお金、会社は、時給○○○円で、工場現場で働いている人たちのために使えばいいのに」と思う。どこを見ても、お金のない人にはお金が回って行かず、ある人たちのところにお金が回っていくシステムができている。
なんかとても変。

既得権を持っていると意識していない相当数の人たちは、結構な既得権を持っている。“普通に仕事を持ち、それに見合った報酬を得て、安心して暮らせる居住の場を持ち、毎日安心して食べれる食事をする。何かあったときのために貯金、または頼れる人間関係を持つ”というのは、今、既得権を持っている人たちのものになっているような気がしてならない。それは今まで、日本では普通のことであったかもしれないけれど、世界を見渡すとほんの数パーセントの人々しか獲得できていなかった日常だと思う。そんな格差が日本国内にも到来してきているんだろう。
スポンサーサイト

≪ 仕事ホーム思いやり予算 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。