るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/10

恐ろしい こ・と・ば

「私の知るところではありません。」「私には関係ありません。」「私の担当の範囲ではありません。」
こんな言葉を耳にする度に、違和感を感じる。

何かあるたびに、「それ、私には関係ないから~」という人がいる。
その人は気がつく人なのに、気がついたことに対して何もしない。
人が困ろうと、どうなろうと関係ないらしい。自分のことだけやる。自分の範囲内のことだけ、きちんとやる。それ以上は、気がついても無視。気がついても気がついていないかのように振舞う。
その人はいかにも、それが自己主張しているかっこいい女性の言葉であるかのようにして言う。

私はそんな対応に対していつも違和感を感じていた。

そして最近、そんな対応はその人だけでなく、多くの人たちの反応であることに気づいた。

組織の中で、それは私には関係ない、そのことについて私は知らない、それは私の範囲ではない、という人たち。私はそんな受け答えはかっこの良い言葉には聞こえない、それは自己主張の言葉ではないと思う。それは、逃げ、自己防衛の言葉。

国や組織や団体が、間違った道に走っている時、やるべきことでないことをやっている時、そこに居合わせている一人ひとりが、そんな受け答えをすることほど恐ろしいことはないと思う。

話は飛躍するけれど・・・国が戦争への道へ歩んでいる時、その国の人々が「それは私には関係ない」「それについて私は知らない」「そんなの私の範囲ではない」と反応していたら・・・・と想像してみると・・・。 戦争へ突き進むことってそんなに難しいことでも、不思議なことでもないんだということがよくわかる。

少なくとも、身の回りに起きていることに対して、どんな小さなことに対しても、「私には関係ないから・・・」という姿勢を見直したいと強く感じる今日この頃。

スポンサーサイト

≪ 会社の中の女性ホーム日本で女性誌が売れるわけ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。