るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/06

「不機嫌な職場」

今朝、『不機嫌な職場』(講談社現代新書・2008年)の書評を読んだ。「旧来の年功序列的考え」と「新しい成果主義的な考え」が共存している職場の問題を浮き彫りにしているような本だと思う。 そんな職場には、二つの極端な考えに固執する従業員の両極が生み出している問題があるという。

私が今行っている職場にも二つの価値観がはびこり、まさに不機嫌な職場そのもの。
わたしの「となりの課長さん」は新しい成果主義的な考えを持ち、仕事はできるけれど、わがままで威圧的な人で周りの人たちのやる気を削いでいる。その人がいないと仕事が進まない、でもその人がいるせいでみんなやる気を失っている。「となりの課長さん」の口ぐせは「そんなの難しくて、お前たちには理解できない、この会社にだってそれを理解できるのは俺を含めて数人だ。いいよ、お前たちはわからなくても、俺がちゃんと分かっているから」と言って、仕事の支持も、説明もしない。というか、説明できないんだろうと思う。その人は教えることは得意ではない。教えている途中で、教えられているほうが理解できないとすぐに、「切れる」。 
そうかと思うと、部署で一番えらい「おぼっちゃま」は凝り固まった旧来の年功序列的考えを持っている。穏やかでいい人だけれど、なにも決めないし、責任はみんなで取りましょうという価値観を持っているような人、ぬぼーっとして、仕事ができなくても、やらなくても憎めない人。

私はその二人に挟まって、不機嫌な職場で月曜日から金曜日まで、少なくとも一日8時間過ごしている。
スポンサーサイト

≪ もう辞めたいホーム生活保護と交通費と・・・ ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。