るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/28

日本の組織と自分の体験

日本の組織に属していて、自分自身、良い体験をしたことがあまりないと思う。

小学校にいたときも、自分の感覚や意見を否定された経験が印象に残っている。自由な発想や視点は否定されてきたような気がする。

中学校にいたときは、校則やルールで自己表現を押さえ込まれた。そして、内申書や偏差値で評価され、勉学も部活動にも励むことが良いことという空気が蔓延していた学校という組織の中にあったと思う。他に好きなことがあっても、自分なりの時間のすごし方があっても、勉強(たいしてやっていなくても・・・)や部活動に時間がとられてしまい自由な生き方を模索する余裕がなかった。

そして今・・・日本の会社・・・日本の組織の悪い例の頂点を極めるような大人の集団組織。
なんか変だと感じても、威圧的な上司や同僚に対して黙っていたり。
より良い案があってもまったく考慮されなかったり。
大組織の秩序が優先され、個別対応なんてほとんどない。
組織の生き残りの為、一人一人の感性はつぶされていく。
個人を尊重した生き方、自分なりの時間のすごし方、自由な発想、多様な視点、流動的な資源のあり方、自己発揮・・等そんなことに価値を置き、そんなことを考えるということを否定する大組織。

組織は小さいほうがいい。そして人が組織のためにいるんじゃないということを良くわきまえたほうが言いと思う。組織は人が活用するもの。組織が害になったり、負担になり、組織の弊害が多くなってきた時には、その組織がないほうがいい場合も少なからずあると思う。人は複数の小さな組織とかかわり合いを持ちながら生きていくのが理想的なんだろうなと思う今日この頃。
スポンサーサイト

≪ 連帯保証人ホーム直接雇用 ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。