るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/28

直接雇用

今、派遣社員として働いている会社が正規社員採用の条件を出してきた。
その条件がよくない。派遣社員として働いたほうが良い報酬。
派遣社員から正社員になり、給与が減り、手取り月々12万円という新聞記事を読んだけれど、
今、それが分かるような気がする。

条件が悪いので考えさせてほしいと伝えたら、安定雇用、ボーナス、昇給、社会保障、福利厚生、退職金などがあるので、提示している条件は決して悪くないので、受け入れてくださいと部署の上司からのメールが届いた。

周りの人に正規化の話をし、相談したら、よく考えたほうがいいよ、やめたほうがいいんじゃないのと言うニュアンスのことを言われた。みんな不思議なくらい否定的な反応。派遣社員でも、正社員でも辞めたくなったら、いつでも辞められるんだから、そんなに考えることもないとも思う。

悲しいくらい、私自身、正規化については、気が重いだけなので、それが話している相手に伝わるんだろう。気分としては、企業が私を束縛する割合を増したような感覚がある。派遣社員として働く場合には、労働時間だけ束縛されているような感じだけれど、正社員として雇用されるとボーナス、昇給、退職金というような長い目で見て得られるものにも左右される。知らないうちに自分の精神までそんな金銭的な価値に左右されそうで恐ろしい。叉、特に日本では雇用の流動性がないので、ある組織や企業に入ると、その中で何とかするしかないという発想が生まれてきてしまうような気がする。そして、多くの人は、気づいてみたら会社や組織の奴隷になっていて、思考停止状態に陥り、保身の術を身に付けていくんだろう。いやだ、いやだ。

そして、いつかその組織以外の場所では使えない人間となり、ましてやグローバルな場では役立たずになってしまうのかもしれない。

そんな人間にはなりたくない。
スポンサーサイト

≪ 日本の組織と自分の体験ホーム大企業の役員さんたちの会話 ≫

Comment

確かにそんな社員も多い!

そんな社員が今の部署には目立つ。
そんな社員が会社を牛耳っているのに対抗出来る実力をつけねば、手遅れかな?

六本木ヒルズの黒猫88さん

こんにちは。コメントどうもありがとう。

そんな社員ばかりのような気がします。対抗できる力?対抗しようとすると、潰されてしまうのでは。

それなら、組織の中では毒されないように、したたかに生き、組織の外で改革をしたほうがいいと思います。

私にはそんな力はないのですが・・・。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。