るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/30

人を育てられない人

職場でのこと・・・。

部署の引越しがあった。それに伴ってデスクの配置換えもあった。

私は「お坊ちゃま」(部長さん)の前、「隣の課長さん」の隣。
二人から、やたらに仕事を押し付けられる。

「これお願いね」「あれお願いね」「それ終わったらこれお願いね」
そんな感じで、頼まれごとだらけ。雑用をこなす便利屋さん。

今日、「お坊ちゃま」から頼まれた仕事をやっていた。それは雑用ではない仕事。
わからないことがあったので、確認したほうが良いと思い「隣の課長さん」に聞いたら。
説明する前に、一言大きな声で「るるどさんには難しすぎるよ~!」と言う。
「俺だって、理解するのに6ヶ月かかったんだから!」と大きな声でいう。

ちょっと間を置いて。
「まあ、わからないだろうけど、こんな風にやってね」とあまり上手でない説明を始める。

私は特に何も言わなかった。何で、教える前から、私には難しすぎると言うんだろうと不思議だった。
説明しなければ理解できる人なんていないのにとも思った。
ただ単に私は、「隣の課長さん」が加工した数字について確かめたかっただけ。ある数字に含まれている項目について確認をしたかっただけなのに、難しすぎるって何が難しいのか不思議だった。

私にとっては、たまたま「隣の課長さん」が難しすぎるよということはあまり難しくない・・・。
どちらかと言えば、数字を扱うのはきらいでも苦手でもない、数字の分析も結構好き、○○を教えていたこともあった。そんな私の経歴も知らない「隣の課長さん」は「るるどさんには難しすぎるよ」と言う。
それを理解するのに6ヶ月かかったと大声で言う・・・そんな課長さんに同情してしまった・・・。

「数字の意味はわかるんですけれど・・・」と喉の奥まで声になって出てきそうだったけど、そんな「難しいこと」(実はそんなに難しくはないことだけど・・・)をさらっと私が「それは、わかります」と言っても失礼かなと思い言わないでおいた。

みんな得て不得手があるからしょうがないのかもしれない。

「隣の課長さん」は人を育てられない人だなあとつくづく感じた。かわいそう・・・。
スポンサーサイト

≪ バターがないホーム若い人たちから見放される組織 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。