るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/14

若い人たちから見放される組織

期待の星だった若い男性社員が今月いっぱいで退社する。益々、会社の平均年齢が上がっていく。
その男性社員は、所属部署で英語で仕事がこなせる唯一の社員だった。他の叔父様たちは通訳さんを介さないと、英語で仕事はこなせない。その男性社員は20代で、一番若かったということもあるのだろう、「○○!これやっといて!」「○○、これお願いね~」と年上の社員から雑用もよく頼まれていた。そんな環境にいたら、自分はなんなんだ!と思うのもよくわかる。

英語が出来るから、その若手社員は英会話のレッスンにも行かなかったというか、行く必要がなかった。他の社員はみんな業務時間に、会社のお金で英語のレッスンを受けている。30代、40代の男性社員は、海外短期派遣などで3ヶ月間から1年間くらい海外に行く機会もある様子だけれど・・・一番若手の彼にはそんなチャンスもめぐってこなかった様子。

まあ、そんな会社に愛想を尽かしたんだろう。もっと良い会社へ転職が決まったと言う。

私としては、転職していく彼に、「○○君、君の決断は正しいと思うよ。この会社、いつまで続くかわからないし。50代の叔父様社員たちは、会社ごっこをしながら、自分の給与を増やし、満額年金をもらうことしか考えていないからね」と言ってあげたい。 

転職おめでとう! 自分の感覚を大切にして、一歩一歩自分の進む道を、自分なりに進めばいいよ!

この会社の将来はないと益々強く感じさせられる毎日。今日も上司は電話口で、「計画に沿って、予算が消化できていなかったけど、役員報酬と職制のインセンティブを上げたから・・・実績も計画にみあってきたよ・・・」と話していた。会社の業績が悪いと私たちに言っておいて、自分たちの給与は低い、低いと外部の人たちに嘆いて、実際やっていることといったら、自分たちの報酬だけはちゃっかりとあげている。しかも相当の額。よく数字を見てみると、あれ?その一ヶ月の報酬って、私の一年間の報酬と同じくらい?もしかして?と思うくらい。そばでみていると叔父様社員たちは、決してたいした仕事はしていない。働いているのがばかばかしくなることばかり。叔父様社員たちの会社ごっこには、ついていけない・・・・。
スポンサーサイト

≪ 人を育てられない人ホーム親切な日本の人たち ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

後始末 : 西岡発言の追加事項

お騒がせをいたしました! 昨日の結果 このようになりましたので お礼を兼ねまして ご報告します。 ******************http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080528-OYT1T00541.htm国会同意人事案2件、原案通り提示へ…西岡氏容認  政府は28日、事前報道を...

死刑制度

光市母子殺害事件をきっかけとして、死刑制度への是非を問う話題が盛り上がっているようだ。 死刑制度そのものの賛否については過去から世界中で論じられてきており、議論は出尽くしていると言ってもよい。 個人的には、犯罪を防ぐ機能を死刑制度が担っているというので...

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。