るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/04

横たわっていた野良猫

今夜、牛乳がないことに気がづいて家族と近所のスーパーへ、歩いて買い物へ行った。
その帰り、行きには見なかった猫を目にした。

道に横たわっている猫。

隣の店の前の道に、猫が横たわっていた。
うちの隣は家族経営の飲食店。連休中は家族旅行でお休み。
ということは明日も誰も来ない。

しかもその猫は、夜でも明るい自動販売機の前で横たわっていた。


(「普通、苦しい時や死にそうな時って、生き物って暗い所へ行こうとするよね・・・。何でこんな明るくて、目立つところに・・・誰か、ここにつれてきたのかなあ・・・」とか言い合いながら・・・)
みんなで顔を見合わせて、「買い物に行く時には、この猫いなかったよね。。。」

その横たわっている猫の近くに子猫が二匹不安そうにしていた。横たわっている猫を気にしていた。
子猫たちはその猫に近づいて臭いをかいだり様子を見たり・・・。でも、振り向きながらも、すぐに去って行った。

横たわっている猫を、近くで見ると口からちょっと血を吐いている。ちょっとも動いていない。

保健所に電話といってももう遅いし。このままではかわいそうだし・・・。

猫の額のような庭に大きな穴をシャベルで掘って。埋めてあげた。
そしてバラの花をのせて、みんなで手を合わせて供養した。
明日、また新しい花を置いて、ねこの好物の煮干でもあげよう。

その猫は首輪も何もしていなかったので、たぶん野良猫だろう。

車に引かれた様子もなかった・・・。いったいどうしたんだろう。
野良猫を嫌がっている人たちが置いている毒饅頭でも食べたのかなあ・・・。
そういえば、近くにいた首輪をした子猫も、ゲッ、ゲッと数歩歩くと、吐き、数歩歩くと、吐き、そんな風にして去っていっていた。

生き物が死ぬって・・・かわいそうだね、かわいそうだよね、・・・この猫も成仏されるよ・・・互いに言い合いながら・・・手を合わせた。 アーメン。
スポンサーサイト

≪ 近所のスーパーで・・・ホーム人 組織 「1984」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

-

管理人の承認後に表示されます

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。