るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/05

派遣社員の海外出張

まず、契約の時は、派遣社員は重要な会議には参加できませんと言われた。
それなのに・・・4時間の取締役会に同席させられ、議事録を書かされている。

契約の時、派遣社員は海外出張は出来ませんと言われた。
それなのに、海外出張の指示が出された。今回は特例で行ってくださいとのこと。

断ってもいいですと言われたけれど、あの窒息しそうな職場にいるよりも海外に行ったほうが、気分転換が出来るような気がするので、行ってこようと思う。

だけど、私の海外出張の目的が明確ではない。通訳なら現地にいる人に頼めばいいのに。

そう思って、何で私が行かなきゃいけないんですかと聞いたら、「君にも即戦力になってもらわないと。君は、これからだから」等と寝言を言っていた。本当は海外の本部から、るるどさんも連れてきてくださいと言われたんだと思う。以前、海外の人が来たときに、「君もこっちに出張に来ればいいよ」と言われた。私は「派遣社員だから行けない。招待してくれればいるかもしれないからよろしく」と冗談で言ったのを覚えている。

何でも海外の指示通りに言われたことをそのままやる日本の上司たちだから。「るるどさんも一緒に」と言われると、はむかえない人たち。

変なの。

最近特に、もうそろそろやめたいし、やめてもいいかなと思うことが多い。仕事はつまらない。脳細胞は死んでいく。経理とか財務とか、お金の仕事は本当につまらない。なんで、こんなにもお金を扱う仕事が好きじゃないんだろう・・・私は。仕事がつまらないと感じるのは、生まれて初めて。

折角だから、日本の組織や組織の中にいる人たちを観察する良いチャンスだと思ったり、外資系に買収されてその後の経過も見てみたいと思う。また、お金に関する仕事は嫌いだけど、勉強してみてもいいのかもしれないなあと思ったり・・・。でも、人格が変わる前に、脳細胞が全滅する前に、やめたほうがいいと思ったり。

海外出張といっても、派遣社員には、支度金もでない、安い日当しかつかない。移動中の時給もつかない。本当に差別だよなあ・・・。支度金(正社員には潤沢に与えられる)、移動も含めた束縛されている時間の時給も、お願いしますと派遣会社の人に言ったら、派遣先の会社はOKしなかったという。海外出張は契約外の仕事だと言ったら、海外出張は、契約された仕事に関係している仕事だから、契約書の書き換えは必要ありませんと言われた。本当かなあ。
スポンサーサイト

≪ 日当から考えさせられること・・・ホーム「隣の課長さん」(あだ名) ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。