るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/24

おばあちゃんのお姉さん

おばあちゃんのお姉さんは92歳。

同じ敷地に子供家族、孫家族が住んでいるけれど、92歳のお姉さんは一人で一軒家に住んでいる。その家の一階にあるお店もまかなっている。仕入れもする。家の前の畑もやっている。
草むしりもする。でも、耳が遠いので、会話をする時は補聴器をしている。
最近は足もふらつく時があるという。
畑仕事をしていると、足がふらつく時があり、最近「よくころがる」という。
でも「土はやっこいから」転がっても大丈夫だという。
足がふらついて、ころがったら、ただ起きればいいとあたりまえのことのように言う。

先日着ていたセーターも、チョッキも自分で編んだという。82歳の時に、街の公民館で編み物教室があり、その教室に6ヶ月くらい通いながらセーターの編み方を学んだとのこと。
「おれは目がいいからな」といいながら、まだ編み物も現役。
「おれはどこもわるくないからな、薬の世話にはなりたくない」と言っていた。
耳が聞こえなくなってきたり、足が時々ふらつく程度で、それ以外、悪いところがない様子。
誰の世話にもなりたくないという、独立心旺盛なおばあちゃんのお姉さん。

苦労も人一倍してきたからかもしれない。人に依存しながら生きることの惨めさを悔しいほど知っているからかもしれない。いろんな理由から強くならざるを得なかったのだと思う。とてもたくましい生き方だと思う。
スポンサーサイト

≪ なし崩し的に進んでいくホーム男性関係 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。