るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/02

思想統制

「国語」入試の近現代史(講談社) 著:石川巧

私が以前から感じていた入試国語や現代文読解について異和感を書いている本(書評を読む限りそう思う)。ぜひ読んでみたい。

読解問題は「穏やかな思想統制なのである」という部分に特に共感できた。私もそんな風に思いながら国語の読解問題に触れるたびに感じていた・・・。日本で学生をしていた頃、選択肢が与えられて、ひとつ正しいものを選ぶという読解問題に対して嫌悪感を抱いていたのを思い出した。もちろんそんな態度だから、点数は上がらない。どんな人たちが、どんな思考回路を持っていると、こんな問題で点数を取るんだろうといつも不思議に感じていた。

スポンサーサイト

≪ 派遣社員ホーム学歴、家族、仕事・・・ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。