るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/25

私のやっていること・・・

派遣社員として働き始めて約4ヶ月。
日本の硬直した組織、腐敗した組織、いろいろなほころびが、益々見えてくる。

ところで・・・自分は何をしているんだろうと思うことがある。
お金を扱う部署にいる。仕事の中身自体はあまり面白くない。
経理とか財務って、好きな人がいるんだろうかと疑問に感じるくらい私にとっては退屈な分野。下6桁を消して、お金が絡む仕事が進むような部署・・・。お金の感覚が麻痺してきそう。小心者の私は、508,000,000と消された、下六桁が気になる。

海外との電話やメールのやり取り、英語・日本語での報告書、議事録、プレゼンテーション資料等の書類づくり。会議の召集、会議の準備(日程調整、場所の確保、飲み物、お弁当の用意等の雑用も含む)、会議中の通訳、日常の通訳、海外からの社員の夜の接待を含めたアテンド、残業・休日出勤あり、会議のための機材の移動や準備、日本と海外の職場にいる人たちの間でコミュニケーションが取れているかの確認、定期的に回ってくるお茶当番、英語での職場案内、上司の上司の代理としてメールの送信、上司たちの日程管理等など・・・

上記は派遣社員としての私の日常業務。労働対価はどのくらいなのだろう。

「同一価値労働同一賃金」というものが日本にあったとしたら、相場はどのくらいなんだろうかと考える。

別にたくさんのお金が欲しいとも思わない。でも、何もしないで、一日雑談していても、昔から会社にいる退職前の叔父様たちが、職を失う心配もなく、退職するまでじっとしていて、高給をもらい、そのうち多額な退職金をもらって職場を去っていくんだろうと思うとなんか腑に落ちない。そしてその方々は年金だってちゃんと手にして平穏な隠居生活を送っていくんだろう。そんな人たちは、派遣社員が置かれている状況についてどう思うんだろう。自分たちの子供や孫が同じように派遣社員だったらどう思うんだろう。
スポンサーサイト

≪ 学歴、家族、仕事・・・ホーム日本の就職活動の不思議 ≫

Comment

“renanaya”から改名しました

るるどさん、こんばんは。

私の新しいブログをリンクしてくださったのですね。ありがとう。

『ハケンの品格』というドラマを再放送で観た時、仕事に対する自分の姿勢を振り返ってみました。いま、派遣をされている“るるど”さんは、あのドラマで困難にぶち当たる派遣社員の思いを実感されているのではと、想像しています。

そういう私も非正規(パート)です。うちの院長はまじめと良心的性格が取り柄で、税理士さんや社労士さんのアドバイスを受けながら、私の不利益にならないよう交通費なども非課税扱いに、直接税理士さんと話をさせてくれたりと、気を遣ってくれます。

ただ、やはり非正規としての限界も実感してます。
昔いた主任が仕事上の問題を率直に院長に言えないで悩んでいたのを見かねて、私が上申したところ、院長は主任に「あなたは言いにくいことを彼女(nanaya)に言わせたのか?」と怒られました。職場のためになることなら、誰が言おうと関係ないではないかと思いましたが、やっぱり非正規には立ち入れない部分があるんだ・・・と、(不本意と思いながらも)それ以来余計なことに首は突っ込まない自分がいます。

この間、息子に言いました。「仕事で一番ストレスが溜まるのは人間相手の仕事、二番目はお金という数字に追われる仕事」と。これは自分の体験から感じたことですが、息子は妙に納得してました。

るるどさんも、仕事上の悩みで消耗しそうですね。無理してませんか?時には力を抜いて、楽に呼吸してください。私も努力します。仕事はやっぱりしたほうがいいと思うので、無理せずがんばりましょう。

自分の感性で不条理を訴えることは続けてくださいね。
では、また参ります。

nanayaさん

コメントどうもありがとうございます。
新しいブログに移ったことを知った時、早速にリンクしてしてしまいました。一言伝えればよかったのに、なかなか連絡できず失礼してしまいまた。

「ハケンの品格」については時々耳にするのですが、ほとんどテレビを見ない私は残念ながら、そのドラマについてよく知りません・・・。時々はテレビを見ないと、と思うのですが・・・。

良心的な医院長さんで何よりです。私も余計なことに首を突っ込まないようにしているのですが、時々「・・・またやってしまった」というような場面があります。nanayaさんの気持ち、私なりにですがわかるような気がします。

息子さんに言われた言葉に対して、私も深くうなずいてしまいます。「人間相手の仕事」と「お金という数字に追われる仕事」・・・両方に関係することを毎日しています・・・。疲れるわけですね・・・。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

サンケイのイグアナ福田ポイステの背景は?私見!

月曜に出てきた「FNN=サンケイ」の世論調査福田内閣支持率が30%を切ったという!サンケイは福田を切り捨てた!読売も福田を切った!もはや福田支持の大マスコミはない!これから転げ落ちるだけだろう!がkimeraは考えが違う!「小泉改革」が停滞・後退しているからと?...

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。