るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/03

気難しい上司

派遣の契約上、私に直接指示し命令する権限のある上司は「気難しい人」だと会社では有名らしい・・・。知らなかった。というか、あれっ?!と感じていたのは私だけだと思っていた。やっぱりそうなのかあ。

先週、上司の上司も、私にぽつりと「あの人は気難しいよ」と言っていた・・・・。
上司の上司はソフトで接しやすい人。誰にでもさん付けで呼ぶし・・・。だけど、上司は「○○!」と呼びつけ。

やっぱり、今いる部署に人が来ないわけだ。上司はいつも「俺たちの部署はいいぞ、お前も来いよ」といろんな人に言っているのに、なんで誰も来ないのか不思議に感じていた。

なんか、いろいろ見えてきた。
スポンサーサイト

≪ 監獄・・・ホーム日本の女性 ≫

Comment

初めまして

初めまして。argonと申します。
毎日のご苦労、お察し申し上げます。
私の場合、まともに付き合いきれないと思えるようなお人の場合には、その振る舞いも結局は脳という臓器に帯電されたその方独特の電荷の配列(所与のものであれ生得的なものであれ)によるものに過ぎないのだ、というアサッテやシアサッテの方向を見るようにしてやり過ごすようにしています。不謹慎な言い方になるかも知れませんが、そんな配列、いとも簡単に修正されたり、場合によっては破壊されたりすることもあるのです。

なんの参考にもなりませんね。


argonさん

コメントどうもありがとう。参考になります。
そのような上司に対しては、私的な感情を入れたり、反応をしないようにしながら対応するしかないのかもしれませんね。

その上司はプライドの高い方なんだと思います。なんで自分は○○大学を出て、能力もあるのに、この会社にいてこの地位なんだ!と彼のプライドが許さない部分が多くあるような気がしてなりません。私がその場で働き始めたばかりの時、自分は○○大学卒、とか娘は○○高校で、○○大学とか・・・。○○大学に入るには、それなりの予備校に入らないと等等、50代の男性が多くの人たちのいる場で語るのです・・・。とても不思議に感じました。チョット距離を置いて接しないと私まで被害をこうむりそう・・・。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。