るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/31

日本の女性

今日、上司の上司と話している時、「○○さん(上司)は、私を扱いにくくて、困っているんでしょうね」と言ったら・・・。

「そんなことないんじゃない。いいんじゃないかな、新しいやり方に接することができて・・・日本人の女の人はあまり言わないからね」などと言葉を濁して言っていた。

日本の女性は何をあまり言わないんだろう?
よくおしゃべりしているけれど・・・。何を言わないんだろう。私は何を言っているんだろう。
自分では自分が一番わからない・・・。あ~あ。

やっぱり日本の女性とはちがうと思われていたんだ・・・。
どこがどんな風に、ちがうんだろう。

組織の中でも上下関係をあまり気にしないで話したり、がさつなところや、おおざっぱなところが日本人の女性らしくないのかなあ・・・。しょうがない、だんだんボロが出始めているみたい(ため息・・・)。
スポンサーサイト

≪ 気難しい上司ホームたかが英語、されど英語 ≫

Comment

”ぼろ”が見えたんじゃないと思います。
きっと、大事な存在だと思います。
問題は、るるどさんの働きに見合った、報酬が支払われていないこと。

うみぼうずさん

コメントどうもありがとう。

そうですね。上の人たちは・・・、私の作った議事録や、私の通訳としての役割や、英語の文章を他の部署に貸すときに、「これ高いよ」と言っていますが。私の手元には、その「高い、高い」言われている“金銭的見返り”は入ってきません・・・。何が私に見合った報酬なのかも分かりませんが・・・。

物を売ってみるとよくわかるけれど、一円でも自分の力で稼ぐというのはとっても大変なことです。

大事な存在なのかはよくわかりません。ただ、100%外資の会社になってしまったので、今までの人たちの働き方はこれから益々かわらざるを得ないとは思います。それに50代のプライドの高い男性軍が着いていけるのか・・・私には分かりません。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

後輩へのエール

同期で郵便局に入った学部の現役学生の後輩が、職場を去って大学院に進むことになった。彼に対する餞と、自分自身への戒めをこめて、夏目漱石の「愚見数則」を再録する。彼に是非一読してもらい、一考して欲しく思う。 「愚見数則」 理事来たつて何か論説を書けとい...

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。