るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/31

たかが英語、されど英語

仕事ができても、英語ができない50代の社員がたくさんいる。とても大変そう。「これどういう意味だろう」「なに言っているかわからない・・・電話お願い」「これ英語にしてください」「これ日本語に訳してください」などなど、次から次へと頼まれる。言葉が壁になって本来の業務が滞っている。どうなるんだろう、この職場は?!と思わせられることばかり。最近、若い20代、30代の男性社員は、この会社に見切りをつけ、新たな転職先へと行ってしまっている。40代の社員もあまりいない。男性社員の平均年齢が益々高くなる職場。でも女性の平均年齢は低い。不思議な会社。

英語という道具が、使いこなせないと仕事にならない職場。この会社の行く末が見えるようで怖い。あと2年だろう・・・と心の中で感じる今日この頃。

すでに、外資によって分権化された大企業。そして、すべての部門から利益を上げようとするだろう。そして、赤字の部分、お荷物の部分はそぎ落としていき、最後は収益の上がる部門だけ残すんだろう。外資が入らなかったら、今頃山一證券のように倒産して、なくなっていた会社。何がいいのか、悪いのか、私にはわからない。倒産してしまったほうがよかったのか?そうすれば社員さんたちは英語で苦労しなくてもすんだのかも・・・。何が良くて、悪いのかわからない。

ただ、個人的に思うことは・・・。そんな大企業はなくなり、より多くの人が農業や福祉に携わり、すでにあるもの、自然の恵みをいかし、それぞれの人たちが人間や大地と共に生きていければいいなとは思う。
スポンサーサイト

≪ 日本の女性ホームまた、やってしまった・・・ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。