るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/24

育ち合い

今の職場にいても感じること・・・。

次の世代の人を育てようとする意識が感じられない。
お互いを大切にしようという気持ちもあまり感じられない。
とてももったいないと思う。

人は育てられたように、次の世代の人を育てていくのだろうと思いながら・・・、人をつぶし、良いところを伸ばそうとしない職場環境にいると、とても悲しい気持ちになる。

そんな職場だけれど、最近、とげとげしかった人が、ちょっとだけどやさしくなってきたような気がする。ぶっきらぼうに部下を扱っていた人が、時々親切に指示するようになってきたような気がする。朝や帰りの挨拶もする人が出てきた。私はそんなたわいのない人と人との間にあるものに関心を寄せてしまう。そんなことにかけがえのない大切な価値があるような気がしてならない。そんな人と人との間にある何かに良い変化や心地よさが感じられるとき、私はとても幸せな気持ちになる。

私は今の仕事の内容には意味や価値を見出すことができない。
仕事が速くできたり、間違いなくできることに価値を置けない自分がいる・・・。
この会社のしていることは、今の時代求められている仕事なのだろうかと疑問に感じることもある。この会社は無くなったほうが、環境にいいのかもしれないともふと思う。

そんなふうに仕事に意味を見出せない中で、職場で心がけようとしていることがある。自分が知っていることは分かりやすく教える、まわりの人たちの仕事ぶりやがんばりを言葉に出して評価する(ゴマすりでなく、本当のことだけ)、気持ちよく人に接する、人の良いところ・長所を見出す、けなさない、一人ひとりの好きなことや興味に関心を寄せる、ストレスのたまるような職場環境づくりに貢献しない・・・など。

社会や時代から必要とされなくなったら、会社や組織はなくなってもいいと思う。だからこそ一人一人が成長できるような組織のありようが重要なんだと思う。組織が消えても、生きていけるような人間力を培える育ち合いは、どんなところにいても、何歳になっても、とても大切なことだと思う。
スポンサーサイト

≪ 失ったことホーム取締役会 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。