るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/23

「高学歴ワーキングプア」

「高学歴ワーキングプア」という本を店頭で見かけた。中身は見なかったけれど、いくつかの書評などから内容を想像すると・・・、学歴があっても、低所得の人もいる現状についてなんだろう。博士号を持っていても低所得の仕事についている人たちがいる現状についてなんだろう。

まわりを見回してみると・・・○大(知らない人はいないだろうと思われる都内の有名国立大学)の博士課程を修了して、とある民間の施設で介護職として働いている人もいる。中学卒業して、自営業を営み複数の従業員を雇い、雇用を生み出して、複数の家族を経済的に支えている人もいる。学歴と収入と社会貢献など、比例していないケースは少なからずあると思う。

話は飛ぶけれど、上記の博士号を取得した知人も、文部省(当時)が90年代初頭に旗を振った「大学院重点化」の犠牲者かも。大義名分は「世界的水準の教育研究の推進」で、国際的に見ると貧弱だった大学院を強化し、優秀な研究者や高度な専門性をもつ職業人を育成することを目的としていたと新聞で読んだ覚えがある。当時、そんな日本政府の政策を聞いたとき、ただ博士号取得者の数を増やせばいいってわけじゃないのにと、不思議な印象を抱いたことはよく覚えている。やっぱり変な政策だったんだ。
スポンサーサイト

≪ 情報と権力ホーム祈り ≫

Comment

少子化の影響で、私立大学などは閉鎖の憂き目にあうところが多いですよ
博士課程は、将来、大学の教員になるために行く人が多いんですよ
だけど、大学教員の削減と大学の淘汰で、博士を増やしても教員になるパイがないのが実情ですね
だから、やむを得ず、民間に就職しようと思っても、年齢が高い、高学歴という理由で、思うように就職できないのが現実です
高学歴であろうが、低学歴であろうが、パイに乗らない限り、ワーキングプアになる可能性は誰にでもあるということです
親と同居している人が多いと思いますよ
自立したいと思っても自立しにくい、若い者にとって、生きにくい世の中ですよ
それが未婚率・少子化につながっていることに、国のお偉い方は現実が解っていないんでしょうね


うずらさん

こんばんは。コメントありがとう。
そうですね、パイは限られていますものね・・・。
学歴は関係なく、”官僚”組織に入らず、産業・金融社会の流れに乗らないと貧困生活を強いられる可能性が益々高まっていくんでしょう。

勉強ばかりしている子供たちを見たり、管理されて飼いならされている子供たちを見ると、かわいそうだなあと思う。もっと勉強したいことを勉強することを喜ばれ、暗記じゃなくて、洞察力を深めたり、共感力を強めたり、行動力を伸ばしたりする教育がなされないものかしら・・・。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。