るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/08

人殺し

以下の記事を読んで・・・・胸が苦しくなった。
死刑執行のない国へ行きたい。

私の払う税金がこの死刑制度を支えていると思うとぞっとしてくる。
自分の国の法務省が死刑執行をおこなっていると思うとぞっとしてくる。

私は死刑執行には反対。

***************************

東京、大阪で3人死刑執行 法務省が名前公表 '07/12/7

 法務省は七日、一九八一―八二年に神奈川県などで女子高生ら計五人を殺害した藤間静波ふじま・せいは死刑囚(47)=東京拘置所=ら三人の死刑を執行し、初めて名前と執行場所を公表した。鳩山邦夫法相は同日の衆院法務委員会で公表理由について「適正に執行されていることを、被害者遺族や国民に理解してもらう必要がある」と答弁した。

 死刑執行は前回八月の三人執行からわずか三カ月半。国会開会中の執行は、長勢甚遠前法相当時の四月二十七日以来。

 鳩山法相の執行命令は初めてで、福田内閣での執行も初。死刑確定者は七日現在百七人で、今回の執行で百四人となった。年間の執行者数は九人となり、一九七六年以来最多となった。

 藤間死刑囚のほかに執行されたのは、池本登いけもと・のぼる(74)=大阪拘置所、府川博樹ふかわ・ひろき(42)=東京拘置所=の両死刑囚。確定判決によると、池本死刑囚は八五年に徳島県で親類夫婦ら三人を狩猟用の散弾銃で射殺した。府川死刑囚は九九年、東京都江戸川区で知人女性ら二人を刺殺した。

 死刑執行は、法相の執行命令が出なかったことによる約三年四カ月の中断を経て、後藤田正晴法相当時の九三年三月に再開。再開後の執行は今回で六十人となった。

 法務省は従来、執行の事実を公表せず、矯正統計年報に前年の執行件数を掲載するだけだったが、中村正三郎法相(当時)が九八年に公表方法の検討を法務省刑事局に指示。同年十一月から執行の事実と人数の発表を始めたが、名前については「死刑囚の遺族らに不利益を与える」などとして公表していなかった。

 死刑をめぐっては、二代前の杉浦正健元法相が浄土真宗大谷派門徒としての宗教観などを理由に、在任中(二〇〇五年十月―〇六年九月)に執行を命じなかった。長勢甚遠前法相は、九三年の再開後最も多い十人の執行を命じた。
スポンサーサイト

≪ ひねくれ者・・・ホームたかがボーナス、されどボーナス ≫

Comment

私もどちらかというと反対です

お元気に仕事に遊びに?頑張っておられるようでなによりです。
こういう記事を見ると何か胸が痛くなりますね。
「あなたの親類が殺されても反対ですか?」という反論が必ず出てきますが、それは自衛戦争の論争と同じで「自分の家にカギをかけるのは当たり前だろう」というのと同じですね。
それとこれとは違うわけで。
死刑問題には興味があっていろいろと読んだりしてますが少なくともテレビに良く出る弁護士のような発言は立場上いけないことだと思います。
PS.うちの奥さんもパ-トなのでちょっとだけボーナスをもらいました。もらえるだけいいほうなのでしょうか?
家族に回るお寿司をごちそうをしてくれました。
るるどさんも寒くなりますので風邪など引かぬよう。おやすみね!

コメントありがとう

風邪を引いてしまい・・・今日は近くの診療所へ行ってきました。お互いに寒くなったので、気をつけましょうね。

ところで、最近、胸が痛くなる記事が特に多いように感じます。そんなこともあり、テレビはほとんど見ていません・・・。

誰かが仕事として、正義として、良いこととして人を殺すなんて・・・私は反対です。私の親類が殺されたら?それでも私は反対です。親類を殺した犯罪者には、自分を見つめなおして(可能であれば)、反省をし、二度と人を殺さず、社会のためや、誰かのために役に立つ人になって欲しいです。少なくとも理性の働く時にはそう思います。

お寿司はきっと、いつも以上においしく感じたことでしょうね!やさしい奥様ですね。

わたしも

おひさしぶりです。

わたしは自殺大国であることとわが国の死刑制度はつながっている気がします。

命と命の価値の違い。
命は命であって、価値とかもちださないでほしい・・・
と、つねに思っていたいのですが。ふりまわされます(苦笑)

命は普遍だとわたしは感じていたいです。
ですがおのが命と殺人者の命が同じ命だと思いたくない、
堂々と線引き・・・してしまうこと。

すべての命が大事にされてほしいのに。

つらいな。でも感覚的なことなのでわたしのいうこと理解できんよ、という人がいるのもわかっています・・・・

ヤマーさん

コメントどうもありがとうございます。

自殺と死刑・・・どこかでつながっているんでしょうね。私もそう感じます。

自分の持つ感覚ってとても大切だと思います。自分の感覚は、他の人に押し付けることは出来ない、でも自分で否定してしまってはもったいない。折角自分の感じること、丁寧に表現できたらなぁと思うことがあります。私にはそれにともなう表現力がないので、いつも歯がゆい思いをしているのですが・・・。自分の感覚を理解できない人がいて当たり前だと思いつつ、自分の感覚を大切にしていくこと・・・難しい時もあるかもしれないけれど・・・それって大事だと思います。言うのは簡単だけれど・・・。

どんな人の命、どんな生き物の命も大切にされて欲しいと思います・・・私も。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

泣く女たちを笑う男たちに。(男女共同社会政治参画に向けて)

「行き過ぎたジェンダーフリーがキイキイ」という名フレーズがブログ仲間周辺ではやったことがありました。(笑)これは男女共同参画社会や性教育などを敵視する人々に向けたも...

亡国の電子投票キターーー!!

キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!! 亡国の電子投票。 →<電子投票>国政選挙に導入で自公民合意 来年1月施行(毎日jp:071206) (引用開始) 自民、公明両党と民主党は電子投票を国政選挙に導入するための公職選挙法特例法改正案に合意した。法案は7日の衆院政

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。