るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/30

あいづち

また指摘された・・・。

「あなたね、人の話を聞く時は、『はい』って言うものよ!失礼よ」と。

まあ、よくあること。

人の話を聞いてている時、私のあいづちは“Uh huh...Uh huh”となっていることがあるらしい。話をしている時、違和感を感じる人がいるらしい。私はなんともいえない複雑な気持ちになる。もちろん、言われればわかる。でもこの年になってあいづちは「はい」だなどと、細かいことまで指導されたくないと思う気持ちもある。私の自然な振る舞いが、相手に違和感を抱かせ、そのために私の言動が矯正されるような気がして、少々気が重くなった。

「人の話を聞くときは『はい』と言え」と言われたとき、「あなたの話していることは聞いているけれど、同意しているわけではないのだから、『はい』とは言えません」と、その人に向かって余計なことを言いそうになった。けれど、我慢して、「はぁ・・・」と言った。

最近、意識して「はい、はい」と言いながら人の話を聞いている。一生懸命に「はい、はい」「はい、はい」と意味もなく言っている自分がおかしく感じられ、思わず一人で微笑んでしまいそうになる時がある。

あいづちまで意識しないと指摘されるなんて、疲れる・・・。
スポンサーサイト

≪ 支配 所有ホーム畝織り ≫

Comment

Differences are not a threat, but a treasure

とても面白いです、この記事。いや、面白いというと少し語弊がありますか。私にとっては treasure です。るるどさんにはほんの少し threat のようですが(笑)。

もしかしたらこの記事、私のところで借用させてもらうかもしれません。よろしいですか?

「はあはあ」とか、「ほうほう」とかは、どうですかね?
河合隼雄みたいですが。

良かったら、使ってください

愚樵さん

コメントありがとう。
面白いですか? どこがどうやって面白いのかわからないけれど・・・そう受け止めてもらえるんだなあと思うと救われる気分にもなります。

私の日々の生活は、こんなことの連続です・・・。時々、疲れるなぁと感じますが。気にしないようにしているので、このような人の言葉は自分の心からは流してしまいます。記憶には残りますが・・・。

あまりにも“閉鎖的な”視点を持ったり、受け止め方をする人と出会うと、心の中で「少しでも寛容になりますように」と願う、というか、祈ってしまいます。

河合先生

うみぼうずさん

コメントありがとう。

河合先生も他界してしまいましたね。彼の本はほとんどと言っていいほど目を通したと思います。生きている間に一度お会いしてみたかった方です。

生きている間に、河合先生に「ほうほう」と言ってお話を聞いてもらいたかったなあなんて夢想してしまいます。

私なりにあいづちの仕方を考えてみます。ありがとう。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

続 〈作法〉という知の形

My favorite Blogに『るるどの覚書』というブログがある。ブログ主のるるどさんは女性であるが、拝見するところ、セクシー系の美女などではなく、しっとりとした大人の女性の知性を感じさせる、そんなブログである。取り上げ

こんな世の中に誰がした?

え~と、再びブログ主の特権を濫用します。前エントリー『内田流「格差社会」論の見方について』にいただいたコメントへのお答えを、当エントリーをもってさせていただきます。ですので当エントリーからご覧になる方はできれ

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。