るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/23

きつねにつままれる

昨日は朝8時頃から、電車が5時間以上も動いていなかったので、駅は人でごった返していた。午前11時には復旧しますとアナウンスしていたのに、気がつくと復旧時刻は午後1時に変更。そして、1時半頃にやっと電車が動き始めた。

その間、駅の外では雨の中、傘をさしながらバスを待つ忍耐強い人たちの長~い列があった。

駅の中では、警察官がたくさん出動し、改札口に立って入場制限をしていた。

午後1時をまわっていたので、いくらなんでももうすぐ電車も動き出すだろうなと思って改札口の警察官の前に行き、アナウンスを聞いていた。「下のホームにも人がたくさんいます。これから来る電車も超満員です。危険を防ぐため、改札口で入場制限を行っております。電車が来ても、超満員の電車に乗ることができるかわかりません。なお、只今、JRがバスの券を発行しています。バスに乗るための列があります。ただ、道も混雑していますので・・・。これが今の状況です。状況を把握した上で、自分で判断してください。以上、○○警察です。」というアナウンスを何度も繰り返ししていた。

私はバスには乗る気は全くなかった。バスに乗るために待っている人たちの連なる永遠と続く長い列と車で混雑している道路を見ていると、気が遠くなるようだったから・・・。

午後1時半頃、駅に電車が入って来た。改札口が解除されたので、改札口の目の前に立っていた私は、早速に改札口を通って、ホームへ向かった。人でいっぱいになっているホームと超満員の電車は嫌だなあと思いつつ、ホームに行った私は、きつねにつままれたような気がした。嘘をつかれた気分だった。ホームに行ってみると人はほとんどいない。着いた電車はいつもよりも空いていて、座れるくらいだった。

JRや警察は、改札口であまり人を通さなかった様子。後から、人はこなかった・・・。あんなに改札口の外には人がごった返していたのに。改札口の外にいた人たちは、ホームは人でいっぱい、電車も超満員だと信じて待っていたんだろう。アナウンスは大嘘だったのに。

情報って恐ろしいなと感じた。実際に自分の目で見なければ、何が本当で何が嘘かわからない。
スポンサーサイト

≪ 創価学会員さんからの電話ホーム涙もろい私・・・障害を持つ人たちと共に ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。