るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/09

厚労省に使われたコムスン

6月9日付けの天木直人氏のブログの中で、彼は、問われるべきはコムスン事件を惹き起こした政府の責任であると書いる。
(以下、一部抜粋)

   コムスン事件は、今日の行政の「業悪」のすべてが象徴的に露呈した事件だ。コムスンは確かに悪い。しかしその悪はこれまでもメディアでさんざん指摘されてきた。それを放置しておきながら、ここへきて急に犯罪者にしたてあげ、折口会長をたたく。バブル絶頂期のディスコ「ジュリアナ東京」の仕掛け人として名を馳せたことばかりを書き立て、金儲けの権化のように国民の怒りを集中させる。行政が私企業、私人をスケープゴートにするいつものパターンだ。おまけに今回は、国民の怒りが沸点に達している年金問題から、世論の関心をそらすために使われた気配が濃厚だ。
   そもそも今の介護保険制度が正しいのか。高齢化福祉時代に入った今の日本において介護は国が責任をもって引き受けるべき一大事業である。それを、米国の赤字財政補填のために我々の税金を湯水のように使い、そのしわ寄せを国民に強いる形で福祉予算をどんどんと切り捨てていく。その結果、なんでもかんでも民営化して逃げ切ろうとする。そもそも小泉前首相が絶叫した「改革」とは官僚の税金泥棒や行政の無駄をなくして税金を有効に使うことにあった。それを小泉前首相は、真の行政改革にはまったく手をつけず、行政改革を民営化改革にすりかえて日本経済を米国に売り渡したのだ。国民の生活が苦しくなるはずである。

******************************
昨日、高齢者介護の事業を経営している人たちと話をする機会があった。コムスンの件に関しては、以前から十分にわかっていた事なのに、『なぜ今』それが紙面を覆うようなニュースになるのか?ということのほうが問題だということに皆がうなずいていた。(他の重大な動き(年金や自衛隊問題など)を見えにくくさせるため?)

「結局、コムスンも厚労省に使われただけなんだね。役割終わったから、はい、さようならって」

介護保険制度が導入された当時、「制度はあっても、サービス無し」という批判をかわすためにも、厚生労働省は行動力や決断力や何が何でもやる折口氏のようなやり手が必要だったのだろう。行政はコムスンにおいしい飴をたっぷり与えてたに違いない。無責任にも、高齢者福祉を大手企業に丸投げ。企業の監査は各自治体にさせるような制度をつくった。

全国的に高齢者介護の事業所が増えてきた昨今、行政は介護サービスが使われすぎると、財政があやうくなるということで、介護サービスの抑制に向かっている。ムチの登場。大手企業の場合、全国に点在している多くの事業所を本部が管理しているので、行政は本部をムチ打てば、瞬時に全国的なムチ打ちができる。

高齢者介護業界では、今回のコムスンのケースは、様子を見ながらの中で計画的に行われたムチ打ちかもしれないという人も少なくない。ある高齢者・障害者福祉関係者は、行政は管理しやすい大企業に丸投げし、アメとムチでタイミングよくコントロールすることまで考えて大手業者に委託させているんだと話していた。「行政は、零細事業所や小規模事業所はコントロールしにくいから、いやがるんだよ。今、日本は、管理、管理と、管理を強める体制の構築に向かっているからね。大企業にやらせれば管理しやすいから、楽なんだよ。何かあったら、大企業の代表に頭下げさせるか、自殺させるかで、処理できるでしょ。官僚たちは責任をとらないでいいシステムがあるんだよ、この国には」と言っていた。

***********************
先日の朝日新聞の一面に頭を下げて、涙をうっすらと浮かべているグッド・ウィルの折口会長の大きな写真が掲載されていた。「ひどい見せしめ」と感じた。ホリエモンのことを思い出してしまった。扱われ方に似ているところが多いなあと思っていたら。経団連からも、折口会長は重い処罰を受けることになるという記事があった。折口氏に、やらせておいて、彼の役割が終わったら、最後に見せしめて、役割から降りて、業界からは消えてもらう・・・。本当にいやなパターンだ。

(折口氏も、本当にしたたかだと思う。介護保険制度のまやかしは見えすぎるくらい見えるだろうに。介護保険制度の問題を重箱の隅をつつくように攻撃すれば、限りなく問題が浮上し、厚生労働省の行いを思う存分批判できるだろうに。そんなことはせず、自ら頭を下げる。さすがやり手。介護保険制度に依存する事業を手放すいいチャンスくらいに思い始めたんだろうとも思う。)

まだ、血圧が高くて心配する年齢でもないけれど、考えるだけで血圧が上がりそうな話題ばかり。コムスンの記事を目にするたびに、メディアが、たたくべきのは折口氏でなく、大企業に福祉を丸投げする行政の無責任な姿勢こそが、問われるべきだと思う。(零細・小規模な高齢者介護事業所は、もう何年も前からコムスンのやり方を問題視していた。そんな介護現場からの良心的で切実な声は無視して、行政と大企業はなかよく、つるんでやっていた。今だって裏では、仲良しなんだろうけど。)
スポンサーサイト

≪ 新訳聖書ホームジュリアナ東京とコムスンと折口会長と・・・ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

-

管理人の承認後に表示されます

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。