るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/08

ジュリアナ東京とコムスンと折口会長と・・・

折口雅博会長兼CEO インタビュー
グッドウィル・グループ株式会社・コムスンはグッドウィル・グループの一員


<下記は、折口会長のインタビューより一部抜粋>

「理念を確認しあうことで意識レベルから潜在意識へと浸透させる。「コムスンの誓い」には偉大な力があります。」
コムスンの誓いの実践です。
コムスンでは、4つの「コムスンの誓い」を毎朝唱和し、理念を確認しあうことで意識レベルから潜在意識へと浸透させるようにしています。潜在意識まで浸透させることで、その人の挙動も雰囲気も変わり、思い入れの強いサービスができるのです。そして、それがお客様の満足につながっていきます。コムスンはこの理念を根本におき、お客様のことを愛し、感謝するという気持ちを強く持ち続けていこう考えております。

今までコムスンがこれほどまで大成長することが出来たのは、間違いなく「コムスンの誓い」があったからだと思っています。

<コムスンの誓い>
私たちは、一人でも多くの高齢者の尊厳と自立を守り、お客様第一主義に徹します。
私たちは、明るい笑顔、愛する心、感謝の気持ちを大切にします。
私たちは、常にサービスマインドを心がけ、真心をこめて介護を行います。
私たちは、責任をもってお客様のプライバシーを守ります。

***************************
逆境は成功をつかむチャンス グッドウィル・グループの会長兼CEOである折口雅博氏のインタビュー

<下記は、Nikkei BP NET上に載っているインタビューより一部抜粋>

グッドウィル・グループの会長兼CEOである折口雅博氏は、ユニークな経歴の持ち主だ。父親が事業に失敗して高校に進む資金がなかったことから、授業料が免除される陸上自衛隊少年工科学校へ進学を決める。そして防衛大学校の理工学専攻を卒業。総合商社の日商岩井(現・双日)に就職し、ディスコ「ジュリアナ東京」を手掛けた。

ジュリアナ東京のプロジェクトでは、利権争いから多額の借金を負うなど、平坦ではない人生を歩んできた。厳しい局面にも立たされた。だが折口氏は、「逆境に陥っても、自分を成長させるチャンスだととらえた。もう駄目だと考えることもできるが、考え方次第で、逆境もチャンスに変わる」と話す。

******************************
折口氏がジュリアナ東京からコムスン経営へと聞いた時、やな予感がしていた。高齢者介護業界は未開拓のビジネスチャンスの世界だと、介護ビジネスに真っ先に参入し、日本の介護保険制度を利用して、よく儲けるなぁと思っていたら、やっぱり、汚いなあ。「ハローコムスン」なんてみんな同じような笑顔のCMばかりふりまいて・・・。折口氏や本部にいる役員は別に高齢者介護なんてやりたいわけじゃないんだよね。$になる商売なら、誰よりも先に飛びつき、何でもござれ。好き放題に暴れた後、焼け野原を残して、次のビジネスチャンスへと飛びついていくんだろう。

数年前に、コムスンで利益を上げ、グッドウィルグループは、ヘリコプターを数台購入という記事があった。その時も、介護現場で利用者に沿って働いている人たちは、ろくな報酬も得ていないのにと、腹立たしかった。

良心的に介護事業所を運営・経営している人たちは、各地に点在しているのに…。高齢者介護業界がビジネスのチャンスの標的となり、大企業に利用されている介護保険制度。これじゃ、まじめにやっている零細・小規模事業所まで疑わしいまなざしで“世間”から見られてしまう。

2005年の介護保険制度の改正では、サービスの利用を抑制することがひとつの大きな目的だったという。日本の急速高齢化社会に対応する制度整備ということで介護保険制度をつくり(厚労省の権限維持や独自の財源確保のための制度とも聞いたことがある)、生活者にとって使いにくいものにして、あまり使われないように(お金のかからないように)抑制する方向へと向かっている。

介護保険が導入された時、高齢者介護にも健全な市場原理を導入と有識者は声高々に言っていた。国の保険制度のもとで行われる高齢者介護に市場原理が機能するわけない。その場かぎりの耳障りの良いキャッチフレーズや表面的なプレゼンテーションで、ほころびだらけ、矛盾だらけの介護保険制度が取り繕われてきていたけれど、これからはどうなることやら。

将来、高齢者対象のサービスと障害者対象のサービスが統合され、すべて介護保険で、という流れがあると聞いているけれど、今から、これでは・・・。将来『高齢者も障害者も自己責任で自分らしい生活の維持を!』と謳いあげられ、実際に使える必要なサービスがなくなるのかもしれない。または、一つ一つのサービスに伴う自己負担金が多すぎて、ほとんどの人にとって、利用できないサービスメニューが形式的に存在し、形骸化された介護保険制度になっていくのかもしれない。
スポンサーサイト

≪ 厚労省に使われたコムスンホーム周りを見回すと・・・ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

ジュリアナという過去の意味

こっそりブログ再開。 一時アクセス数が異常で、 何が起こったのかわからずに畏縮。

コムスン ゼネラルマネージャーの仕事ってどうですか?

旦那がコムスンのゼネラルマネージャーの仕事に転職をと考えております。コムスンで以前働かれている方や、現在働かれている方、詳しい方なんでもいいので社風や働きやすいかなど教えてください。

折口雅博

折口雅博折口 雅博(おりぐち まさひろ、1961年6月11日 - )は、日本の実業家で人材派遣会社大手のグッドウィル・グループ(GWG)の創業者。グッドウィル代表取締役会長兼CEO。社団法人日本経済団体連合会理事。東京都大田区出身。学歴は陸上自衛隊少年工

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。