るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/02

私とメール

インターネットのメール機能を使い始めたのは、1990年代の初め頃。当時、お付き合いしていた人が東欧州へ留学することになり、それまでほとんどインターネットと縁のなかった私は、それを契機に理工系の授業を受講していた彼が授業のために取得し、使っていたメールアカウントを使わせてもらうことになった。

筆不精の私にしては奇跡的なことで、ほとんど毎日、手紙を手書きで書き、郵送していた。郵便受けを見るのも楽しみだった。何日の何時に、同時にインターネットにアクセスして、メールをしようねと事前に手紙の中で約束をした。月一回くらいだったと思う、その時間になるとコンピューター室へ行って、今のチャットのような感覚で、メールを送り合った。30分間くらいのやり取りだった覚えがある。

男子学生ばかりのそのコンピューター室では、宿題やプロジェクトのために、学生が黙々と作業をしていた。そんな部屋で、まだウィンドウスのカラフルな画面でなく、黒い画面に白地に浮き出る文字をキーボードで打ちながら、メールをやり取りした。遠く離れたところで彼が生きていてくれるうれしさや懐かしさで、涙が湧き出てきた。時々、知り合いや友人が隣のPCを使っていたことがあった。私がその部屋で何をしているか知っていた周りの人たちは、涙を流しながらタイプしている私をそっとしておいてくれた。遠く離れた国にいる人とメールの送り合いをしながら泣いている私に気づいて、あきれていたかもしれない・・・。

当時、付き合っていた彼は、今、かつての友人の旦那。
最近、二人に息子さんができたと風の便りで知った。
スポンサーサイト

≪ ロボトミー・・・ホーム『今なら、ここでなら、この人となら』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。