るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/26

病院へ行ってきた

今日は近くの病院へ行ってきた。
喉が痛くて、痛くて・・・。もう我慢できなかった。

最近、息子さんも医者になり、お父さんと一緒にやっている病院。その病院へ行くのは何十年ぶりだっただろう・・・。

昔、風邪を引くと母にその病院へ連れられて行った。よくお尻に注射をされた。今、振り返って考えてみると、何の注射だったんだろうとちょっと??な気分になる。

今日は、息子さんの担当の日だった。診察室に入ると、看護婦さんが私のシャツをめくりあげた。「え~っ」そんな風に聴診器を当てる医者がまだいたことに驚いた!!!(下着を着けていてよかったあ)

喉をみて「真っ赤ですよ!どうしてもっと早くこなかったの?」と驚かれた。やっぱり、痛いわけだ。ここ4、5日、喉が痛くて朝5時ごろになると目が覚めていた。そのくらい痛かった。

出された薬4種類、その病院はまだ医薬分業をやっていない。

こんな個人病院、まだあったんだ。

(医薬分業といっても、病院の前に薬局を置いている病院がほとんどだから、それ自体、形骸化されているのかもしれないけれど・・・。)
スポンサーサイト

≪ 薬と私と精神障害者とホーム裁判員制度?ですか リンチ奨励制度?ですか ≫

Comment

がまんされていたんですね。お大事にしてください。

うみぼうずさん

コメントどうもありがとうございます。

我慢しながら、自分の免疫力で良くなるかなと様子を見ていたら、悪化してしまいました。

今やっと、薬を飲みながら病人らしく、家でゆっくりしています。最近、体力も免疫力も落ちて、良く風邪を引くので・・・今日はゆっくりしています。

どうもありがとう。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。