るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/21

Czech Girls' Choir JITRO イトロ The tour for peace 2007

土曜日に、チェコ少女合唱団イトロ・ツアー・フォー・ピース 2007 さいたま公演へ行ってきました。

・『興奮、鳴りやまなかった拍手』(Dr.ハバーレン/アメリカ合唱指導者協会会長)
・『どんなに厳しい、そして献身的な指導を以ってして、このような高い芸術性を備えた合唱団が育てられるのか』(フランケンベルガー・アルゲマイネ)
・『イトロは、アメリカの全合唱団の歌唱様式や性格を変えた』(Dr.ラオ/トロント大学)

まさに、上記のコメントを引き出すような公演でした。観客が息をするのを忘れてしまうかのような、天から降り注ぐような天使たちの歌声。

チェコ語や英語の歌に加えて、日本語の歌もすばらしい歌声で歌ってくれました。「虹よ永遠に」真実井房子原爆体験記より(詩 橋爪文)と「生ましめんかな」(詩 栗原貞子)の詩を日本語で見事に歌っていました。

「生ましめんかな」

こわれたビルディングの地下室の夜だった。

原子爆弾の負傷者たちは

ローソク1本ない暗い地下室を

うずめて、いっぱいだった。

生ぐさい血の匂い、死臭。

汗くさい人いきれ、うめきごえ

その中から不思議な声が聞こえて来た。

「赤ん坊が生まれる」と言うのだ。

この地獄の底のような地下室で

今、若い女が産気づいているのだ。

マッチ1本ないくらがりで

どうしたらいいのだろう

人々は自分の痛みを忘れて気づかった。

と、「私が産婆です。私が生ませましょう」

と言ったのは

さっきまでうめいていた重傷者だ。

かくてくらがりの地獄の底で

新しい生命は生まれた。

かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。

生ましめんかな

生ましめんかな

己が命捨つとも


上記の日本語の詩も、詩人の詩に込めた思いが観客の一人ひとりの心に届けているかのように、清んだ天使たちの歌声で歌っていました。

1989年にビロード革命(無血の革命で有名)では、武力ではなく、話し合いによって自由を勝ち取った。そんな歴史を持つチェコの子供たちの歌声に乗せて世界に伝えられる日本の戦争の悲惨な様子。日本の大人が憲法9条を無くそうとしている時、日本がブッシュのアメリカの軍事経済と組んで暗黒の道を歩みだしている時、チェコの女の子たちは日本語で戦争の悲惨さを語り継いでくれている…。日本人としてとても恥ずかしかった…。小さいチェコの少女たちが、チェコで日本語の歌を練習し、国境を越えて日本まで来て、平和の大切さを伝える歌を小さな体全体で歌っている姿をみて、“平和づくり”のために何もせず、ただ椅子に座って黙って聞いている自分が情けなかった。

公演が終わってから、ひとりでも多くの日本の子供たちにイトロの歌声を聞いてほしいと思った。ひとりひとりの少女たちが自らの体から出した音で、つくりあげる“本物”の歌声にふれることによって、日本の子供たちもエネルギーをもらえるんじゃないかと思った。

さいたま公演の主催者のやどかりの里の皆さん、どうもありがとうございました。

日本での残りの公演スケジュール:5月23日(東京)、25日(愛知)、26日(大阪)
問い合わせ先:日本交響楽協会 中村 090ー9374ー0788
スポンサーサイト

≪ 幸せホーム人間が退化していると感じるとき ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

チェコの情報ページ

東欧の美しい国チェコの情報を集めてみました。お役に立てれば幸いです。

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。