るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/12

働きたいと願っている人との会話から

先日、統合失調症の診断をもらってから30年以上もの間、病と自分と家族と社会と・・・格闘している人と一緒に時間を過ごしました。

とある国立大学在学中に発病しました。バイト、サークルなどの活動に忙しくしていたときに発病したようです。国語の教員になりたいと思っていたそうです。

発病してからは、ずーっと入院生活でした。家族とも疎遠になり、退院するきっかけも持てずに、宇都宮病院に入院していました。『宇都宮病院事件』が契機となり、他の病院の持つ援護寮に移りました。何年も後、地域のソーシャルワーカーや家族会の人たちの協力もあり、地域に生活の場を得ることができたそうです。

今は、生活保護が唯一の収入源です。視力が落ちていて、めがねを作らなければならないのですが、そのお金もないようです。また、クーラーも壊れていますが、そのお金は全額自己負担だそうです。貯金のない彼は、クーラーを買うお金を、夢物語の中の『宝の小槌』を叩いて出せれば別ですが、自分で調達するのは無理でしょう。(3ヵ月後には夏がやって来る)

彼と会うと、いつも仕事のお話になります。「仕事したいよ」といつも言っています。ハローワークに行ったり、社協のボランティアに行ったり、いろんなことをしています。でも、仕事をする場を得られたためしがありません。まず、洋服を買ったり、身だしなみを整えるお金はどこにあるのでしょう??それから、面接に行く時の交通費、書類を作るためにかかるお金はどこにありますか???何もないのです。(二ヶ月に一回の収入(生活保護費)は、食費や日用品や光熱費など、毎日の生活に必要な出費で消えてしまう。)

先日、「仕事につくには、8時間立ち通しで作業ができるくらいじゃないと無理だよな。8時間、飯も食わずに働けるようじゃなきゃ、どこも雇ってくんないよね。8時間、外にいて練習しなくちゃな」と言っていた。私もボランティアとしてお手伝いしたことがあるので、彼の言っていることが伝わってきました。

「都知事になれば、週に数回しか職場に行かなくてもいいのにね。石原都知事が都庁に行けば、誰かがお茶出したり、お茶菓子出したりして、快適な環境で椅子に座って仕事してるんでしょう。障害者だけ、なぜ長時間、快適とはいえない環境で、単純な労働作業しなくちゃいんだろうね。しかも、時給100円もらえればいいほうなんだよね・・・」という話になった(というか、私がそんなことをぶつぶつ言っていた。)

************************************
彼は、ここ数日、生活保護費が底を尽きたようで、調子を崩していたようです。夕方暗くなった頃、私が留守をしていたときに、うちに電話があったとのこと。ちょうど一人で家にいた父が、電話を取りました。父が「ちゃんと食べてるか?」と聞くと、「食べていません…。すぐ来てください…」と死にそうな声を出していたと言っていました。話していたら、「はー、はー」という辛そうな息が聞こえるだけで・・・びっくりしたそうです。父は車で20分~30分くらいのところに住んでいる彼のところへいき、手作りのサンドイッチやジュースを差し入れたとのこと。

父が行ったら、元気になったそうです。また、夜、彼から「るるどさんのお父さんの顔を見たら元気になりました」と電話がありました。一人暮らしで、病気や障害をもち、いちばん辛く苦しいときに誰にも会えず、お金が尽き、これからの見通しが立たなかったら、程度は人それぞれだろうけれど、誰でも、精神的に不安定になり、心細くなり、不安になり、どうしようもない気持ちに追い詰められるんだろうと思いました。

父いわく、「なんだよあいつ、俺が行ったら元気になったぞ。大して調子崩していなかったんじゃないか。電話ではあんなに死にそうな声出していたから、やっていたことすべて放り出して行ったのに・・・」と腑に落ちない様子で言っていました。

そうすると母が、「一人暮らしの人が病気で大変なときは、誰かの顔を見るだけでも元気になれるものよ。お父さん幸せじゃない、『あなたの顔を見たら元気になれました』なんて言ってもらえるなんて。すごいことよ」と。

そして、父は、「こんなことやっているんじゃ、まるで家族みたいだなあ」と、自分の行動を振り返りながら、まじめな顔をして言いました。みんなで大笑い。私は、『今頃、やっとわかったんだ(笑)そんなことに、今、気がついたんだあ!(笑)それも、いいじゃない。 地球上のみんなが家族なんだから』と心の中で言いました。情の深い父が、病と共に生きている彼を思いやる様子が頼もしく感じられ、ほのぼのとした幸せに浸ることのできたひと時でした。そんな機会を与えてくれた○○さんに感謝。

夜、彼からお礼の電話のあった時、電話口で母は「いいのよ、お互い様なんだから。私が困ったとき○○さんに何かお願いすることもあるかもしれないし、そのときはよろしくね」と元気な声で言っていた。やってもらってばかりいて、負い目を感じているかもしれない彼の気持ちが少しでも楽になり、彼も対等な立場で頼りにされている存在だということを伝えたくて、言っているんだろうなということがそれとなく伝わってきました。

偶数月の15日に生活保護費が出るとのこと。今が、いちばん辛いときかも・・・。どうか、彼が16日(月)まで、いろんな人にSOSを出しながら、なんとかがんばれますように。

***************************

これは「彼、個人の問題」ではありません。「社会の問題」なのです。
彼は、社会への問題提起者の一人になってくれているのです。
スポンサーサイト

≪ 東京ヒルトンとクリスピークリームと高島屋・東急ハンズと都知事選と・・・ホーム投票権を持っている人たちの特権 ≫

Comment

るるどさん、こんばんわ!
今日「国民投票法案」が衆院を通過しましたね。
目的は明らかに9条の改正です。
「地球上のみんなが家族なんだから」って日記の中での言葉好きです。
皆がそう考えられたらこんな法案も出てこなかっただろうと思います。
病気の彼に少しでも優しい国になってほしいとねがうばかりです。

こんばんは!

CONSAMAさま コメントどうもありがとうございます。

「国民投票法案」…なんとも胡散臭いものが通過してしまったものです。メディアに振り回されない、洗脳されない、誘導されない国民になるしかないですね。

「美しい国」でなく、「優しい国」のほうがいいなあ。
でも、先ず、ひとりひとりの人の存在あっての国なのに・・・。人々がないがしろにされ、「国」の課題が優先される今日この頃・・・。長いものには巻かれたくない・・・。

そんなふうに、助けていただけるなんて、本当にありがたいこと。それができる、るるどさんのご家族は幸せです。少しずつ、ステップアップしていけるような、仕事のシステムがあれば、彼の意欲を生かせるのに。

うみぼうずさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
誰が幸せで、幸せでないか…なんとも言えませんが。
心の優しい、思いやる気持ちを持つ人たちとそばにいれることは幸せだと思います。それが、家族であってもなくても。

彼の就労については…。世の中の問題だと思います。精神障害者に対しての理解、労働についての考え方、お金についての考え方、社会の構造などなど、つきない課題があると思います。就労“以前”の問題も、たくさんありますよね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

憲法を変えてはならない

今日憲法改正の手続きを決める「国民投票法案」が衆院を通過した。 安倍内閣の暴走が始まった。 裏には元軍人の中曽根氏らが動いているようだ。 自分はまもなく死ぬから戦前が懐かしくて喜んでいるだろうが 残された国民はたまったものではない。 //////////////////以下 

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。