るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/12

体調、生活、家族・・・

遠く離れたところに住んでいる知人から連絡があった。彼女は4ヶ月くらい前に引っ越した場所で、今、高齢者の福祉施設の正社員介護職として働いている。一人で夜勤することも少なくない。

どの人にどんな薬をいつ飲ませ、あの人はこの時間に徘徊することが多いから、何時に確認する、この人はこの時間にこんな様子になるから、このような対応をするなどなど・・・たいした給与ももらっていない福祉職の一人夜勤は、大変すぎる仕事であり、重すぎる責任が伴う仕事。

先週から「帯状疱疹」にかかってしまい、職場から完治するまで勤務しないように言われた。今、家で休んでいる。その間、給与は出ない。

残業しても残業代は出ない職場で、病気になって休むとその間の給与は引かれるという。「また、貯金を崩さないと生活できない・・・」と言っていた。車がないと生活できないところにいるので、アパート代、水道代、電熱費、車のローン、車の維持費などなど、病気で働けなくて、収入が無くても、出費はかさんでいく。

ご両親を亡くし、兄弟姉妹はいない。親戚とも疎遠になっている様子。家族のいる人がうらやましいと言う。「私、ホームレスになってもおかしくない状態・・・」と言う彼女からしてみれば、私の生活なんて、ぬるま湯生活に感じられるんだと思う。

ここ数年、彼女は行く先々で辛いことを経験しすぎて、もう誰も信じられないと言っている。もう誰にも何も期待していないと言う。のんびりしすぎて、おっとりしすぎているとよく言われる私とは、比べものにならないほど、いろんな才能を持っていて、能力のある頑張り屋さんの彼女・・・なぜか人間関係で崩れ、職場を転々としてしまっているような気がする。なんでもそつなくこなし、思ったことを発言し、生意気に見える彼女のことを受け入れがたい上司や職場の同僚たちもいるのかもしれない。本当はとっても繊細で心ある人なのに・・・。

仕事の話などいろいろ聞いた後、「いい人は・・・?」と問いかけてみたら、「実は・・・」と話してくれた。縁があるのなら、彼女と彼女の想っている男性との関係がうまくいきますようにと祈る私。「人間、どんな人でも一人じゃ生きられないよ。みんなお互い様、○○ちゃんが大変なときは支えてもらい、相手の人が大変なときは支えてあげて・・・みんなお互い様だから。・・・結婚は逃げじゃないよ・・・」等と繰り返し伝えたけれど、どれだけ私の心が届いただろう。なにがなんでも一人でがんばり続けようとしている彼女の生き方が痛々しい。

医師からは外出しないようにと言われたという。食材も買いに行けないと言っていた・・・。家には体に良い食べ物が無い様子。食が進むような食材を詰めたケア・パケッジでも送ろう。食べてくれるかなあ。

*****************************

日本では、これまで潤沢な「家族福祉」があったおかげで、行政はたいしたことをしなくても、病気になっても障害を持っても人々は何とか生活していた。また、特に高度成長の時期は、日本の「企業福祉」も充実していた。今は、核家族化が進み、兄弟姉妹のいない子供が増え、「能力主義」と謳いあげ血も涙も無くリストラする職場が増え、行政はみんなの税金を使ってやるべき仕事を民間に委託して、義務や責任を逃れ、国民に対しては「自己責任・自己負担」と迫る傾向が強まっている。この国では、余力があり、支え手となり得る家族のいない人が、病気になったり、障害を持った場合、「かわいそうだね。でも、しょうがない。飢えるのも、死ぬのも自己責任」と見放され、見捨てられていくケースが、益々増えていくような気がする。
スポンサーサイト

≪ 魔法ホームComfort Women ≫

Comment

家族などの支えが弱くなって、ちょっとしたつまずきで、とことん追い込まれてしまう人が、増えている気がします。社会全体で、「見捨てない!」といってほしい。

「見捨てない!」 

うみぼうずさん

コメントありがとう。

本当にそうですね。「あなたのことは見捨てない!」とひとりひとりに訴えられる社会に近づくことはできないのかと思いますね。「障害者自立支援法」が悪法だと聞きますが、今日は「核家族孤立支援法」「障害者分断法」と改名するとぴったりな法だと、考えさせられることがありました。

昔の大家族があたりまえだった頃(土地が豊かなところに限ってかもしれませんが・・・)は、家に一人くらい病人がいても負担にならなかったし、その人も路頭に迷わなかったと聞きますけれど、今はだいぶ家族の状況が違いますよね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

若者難民は死しかないのか。

♪世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより あなたが生きている今日は どんなに意味があるだろう        by the blue hearts意味あるってよ あるってね先日歯医者へ行ったときの隣のおじいちゃ

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。