るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/20

Mid-life Crisis

「ミッドライフ・クライシス」…日本語では「中年の危機」とでも言うのかなあ。

Wikipediaより一部抜粋:

A mid-life crisis is an emotional state of doubt and anxiety in which a person becomes uncomfortable with the realization that life is halfway over. It commonly involves reflection on what the individual has done with his or her life up to that point, often with feelings that not enough was accomplished. The individuals experiencing such may feel boredom with their lives, jobs, or their partners, and may feel a strong desire to make changes in these areas. The condition is also called the beginning of individuation, a process of self-actualization that continues on to death.
The condition is most common ranging from the ages of 35-50, and affects men and women differently. Mid life crises last about 3-10 years in men and 2-5 years in women, but length may vary in some people.

During middle age, many changing factors can affect personality development. These factors include:

work/career
marriage/spousal relationships
adult children
aging parents/death of parents
physical changes associated with aging
There is some question whether a "mid-life crisis" is any different from "a crisis occurring in mid-life." One study [1] found that only 23% of participants had what they called a "mid-life crisis," but in digging deeper, only 8% of the total said the crisis was associated with realizations about aging. The balance (15%) had major life experiences or transitions (divorce, loss of a job, etc.) in middle age, but they could have happened at any other stage of life. The same research [2] found that the average age at onset of a self-described "mid-life crisis" was 46.

Other research [3] proposes that triggers for mid-life crisis differ between men and women, with male mid-life crisis more likely to be caused by work issues.

*Characteristics
Certain characteristics displayed by individuals experiencing a mid-life crisis often include but are not limited to:

search of an undefined dream or goal
desire to achieve a feeling of youthfulness
acquiring of unusual or expensive items such as clothing, muscle cars, jewellery, gadgets, etc.
paying extra special attention to physical appearance
need to spend more time alone or with certain peers
a deep sense of remorse for goals not accomplished
an underlying desire to initiate new sexual partnerships

****************
まだ自分では経験していないけれど…。
人生が半分過ぎたと自覚した頃、なんともいえない気分になるのだろう。今まで、自分は何して生きてきたんだろうとか思うのだろうか。これから気持ちを入れ替えて、残りの人生を歩んでいくとしても、体力も衰え、多くの場面で自分の限界も見えてきて…。これまで、できたこと(連日の徹夜など)ができなくなったり…。性的・生物的・外見的な魅力が衰えたり、精力が衰えたり…。達成できていない夢があっても、限りある時間と限りある体力が目の前に立ちはだかって、気持ちばかりが焦ってしまったり…。

人間、何歳になっても生きるのは大変なんだなあ。
スポンサーサイト

≪ ホーム運針 ≫

Comment

 何年か前の自分に笑っちゃうほど当てはまるなぁと思って、このセオリーの妥当性にいまさらながらびっくり。
 ほとんど上のようなことをやってきたんです。

 emergencyからemergenceへ、という言葉もあるから、乗り越えれば、またそこに開けるものがある、と今は信じられています。

 るるどさんも、midlifeを楽しみにね。

Emergence

jkskさん

Emergence というのは良い流れですね。

Mid-life Crisisって、“能力”やいろんな可能性を持ち得てきた人にとっては、より辛いものなのかもしれないとふと思いました。自分では、どうにもならない何か(時間・生物的な限界など)に直面してしまうのですから…酷ですね。

人生の中間地点は、それまでの自分の人生歩みの振り返りをしたり、自分のしてきたことを清算する時期でもあるのかなあ…。新たな歩みを踏み出す前の、休憩時間のような時期でもあるのかもしれませんね。

私の場合、生まれてから死ぬまで、休憩時間だったりして…(笑)。そんなことないか。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。