るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/29

Japanese women are baby-making machines!?

It is unfortunate that some male politicians in this country have no respect for women. It is a pitiful reality of Japan. No wonder why Japan's birth rate is low.
*************************************************
BBC NEWS Jan. 27, 2007 Japan women called child machines

Japanese children are fewer and further between
Japan's health minister has referred to women as "birth-giving machines" in a speech to a local political meeting.
Hakuo Yanagisawa called for women to do their best to bear children in order to counter Japan's plummeting birth rate and rapidly ageing population.
"Because the number of birth-giving machines and devices is fixed, all we can ask for is for them to do their best per head," he said.
He added: "Although it may not be so appropriate to call them machines."
Recent figures show that Japanese fertility fell to an average of just 1.26 children per woman in 2005.
Last year saw a slight rise for the first time in six years, but the country still faces a long-term trend that may see a 30% drop in the population in the next 50 years.
A rate of 2.1 is needed to maintain population levels.
Japan has the world's highest ratio of elderly to young people.
The trend raises serious concerns about the country's future economic growth and how it can fund its pensions.
Prime Minister Shinzo Abe has pledged to bring in policies that will tackle the falling birth rate.
His recent draft budget sought to increase support for child-care services.
************************************************
女性は「産む機械、装置」 松江市で柳沢厚労相
 柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた自民県議の決起集会で、「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と女性を機械に例えて少子化問題を解説した。

 柳沢氏は「これからの年金・福祉・医療の展望について」と題し約30分間講演。出生率の低下に言及し「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機械って言ってごめんなさいね」との言葉を挟みながら、「15-50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べた。

 厚労省は昨年12月、人口推計を下方修正。この時、柳沢氏は「子どもを持ちたいという若い人たちは多い。その希望に応えられるよう、できる限りの努力をしていきたい」と話していた。

(共同)
(2007年01月27日 20時54分)

********************************************************
The comment like the above does not encourage women to have babies.

Thinking about women and babies reminded me of a woman who had 15 babies in my town. She is a friend of my grandma.

When people talk about her, they talk a lot about her husband and family.

"She was healthy. (I assume that her husband was healthy, too.)
She had a rich husband. (This implies her whole family was financially well-off.)
Her husband loved children.
Her husband was a loving and caring person.
Her husband was a thoughtful person.
Her husband was a hard working businessman
Her husband taught children at home.
Her family was a landowner.
Her family members including relatives were helpful to each other..."

I hope that politicians of this country would stop thinking that it is the women's solo responsibility to rise the birth rate of this country.
スポンサーサイト

≪ 『獄中記』ホーム米イラン戦争が始まりませんように ≫

Comment

哀しい&恥ずかしい現実

>It is a pitiful reality of Japan. No wonder why Japan's birth rate is low.

I agree !

たぶん、女性だけでなく、色々と苦しんでいる人、困っている人も
人間として見てないのではないかと感じてしまう部分があります。

Far from「美しく誇れる国」ですね!
世界に対しても恥ずかしいです。

一匹、二匹・・・

mewさん

コメントどうもありがとう。
「・・・一人頭でがんばってもらう・・・」などという言い方を(悪意なしに)無意識にする方は、人間を一匹、二匹と数えるような感覚なのかもしれないなあと想像してしまいます。

金融担当大臣を歴任していた彼はきっと・・・一人頭いくら・・・と常に考えていたのかもしれませんね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

-

管理人の承認後に表示されます

ナマ身の人間を考えない厚労大臣はいらない&安倍首相の情けない対応

 時間がないので、とりあえず柳沢トンデモ発言の関連記事の中から、気になったものをアップしておきたい。 <コメントのレスは、今夜から順次書きます。少し待って下さい。m(__)m> リンク、参照記事もあとでアップします。 前記事<コチラ>でも取り上げた柳沢厚労大臣の

衆議院 厚生労働委員会 + 厚生労働大臣・厚生労働副大臣・厚生労働大臣政務官 名簿 (2007年1月24日)

衆議院 厚生労働委員会 + 厚生労働大臣・厚生労働副大臣・厚生労働大臣政務官 名簿 (2007年1月24日)柳澤 伯夫  ,やなぎさわ はくお ,自民,衆議院,東海,静岡3 ,当選8回厚生労働大臣g04657@shugiin.go.jp〒100-898

柳沢伯夫厚生労働相の問題発言

こんばんわ!柳沢伯夫厚生労働相の問題発言が波紋をよんでますがいまいちピンとこない部分が多いです^^;いろんな意見を聞いてみたいのでみなさんからのコメントぜひいただければと思います。よろしくお願い致しますm(_ _)m

生命をなんだと思ってるんだい

生きにくいよ~もっと人間らしく生きたいな~あっ、そうか!国が国民を人間だと思ってないんだ!こんな国は早々にチェインジせねば!追加キャンペーン!皆さんがブログで取り上げてる時に間に合わず、遅れて取り上げるの

「女性は子どもを産む機械」…実は重要な問題をかかえている?

 しかしアパ壷内閣は酷いね。こうねぇ、なんちゅうんかなぁ、「ずる賢さを感じない稚拙さってのが救い」っていう哀しいレベルでしか語れないもの悲しさ。心底頭悪いというか感性が悪いというか、これが伝統重視のバカの弊害というかな。壷審判長のもと低レベル選手権を勝

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。