るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/28

『そよ風のように生きる』

昨日、久しぶりに本屋さんに入ったら、愛読書の『そよ風のように生きる~旅行くあなたへ』著 バレンタイン・デ・スーザ(女子パウロ会)が、目の前に積まれており、びっくりしました。15年前に初版が出た素敵な本です。

著者は、今年12月『やさしさの愛につつまれて』(女子パウロ会)を出しました。その記念で『そよ風のように生きる』も一緒に店頭に積まれていたようです。

バレンタイン・デ・スーザの『そよ風のように生きる』には、15年前に出会い、買いました。それ以来、どこへ行くにも一緒に持っていく本です。何度も一緒に国境を越えました。薄くて、かばんにさっと入れても、がさが張らずに持ち歩きしやすいのです。私の心に栄養を与え続けてくれている本です。心が萎えそうになるとき、優しい言葉で勇気づけてくれ、励ましてくれます。

『そよ風のように生きる』の中には、迷っているとき、悩んでいるとき、苦しいとき、さびしいときに、そっと寄り添ってくれる言葉でいっぱいです。苦悩でいっぱいの人が寄りかかっても、ゆるぎなく受け止めてくれる言葉であるにもかかわらず、教条主義的でないところが彼女の言葉の魅力だと思います。

『そよ風のように生きる』より、短い言葉のいくつかを紹介します。

「What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it does come back to you, it was always yours.」p.6

「愛の反対は憎しみではありません。無視です。」p.7

「どんな人にもつらい過去があります。それを思えば、軽んじてよい人などいるはずがありません。」p.20

「生きる道は、ひとから教えてもらうものではありません。ひとりひとりが悟っていくものです。」p.62

「いつも心を開いていましょう。かめにふたをしていては、いくら水を注いでも、入れることはできません。」p.63

1946年にインド生まれ、1974年にカトリック教会の司牧として来日し、今現在も日本で生活している著者の言葉は国境や人種の壁を越えた視点を持っている女性の信仰生活よって磨かれた賜物です。
スポンサーサイト

≪ 2007年のご挨拶ホーム末期(まつご)の水 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。