るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/18

大好きなおじいちゃんとホスピスと・・・

自宅で普通の生活を続けてきていた末期がんのおじいちゃんは、12月14日に車で15分~20分くらいのところにある病院のホスピス病棟の一室に入りました。(日本全国の都道府県で一番末期のケアが充実していないと言われているのに、市内にホスピスがあったことは奇跡だと思う。ビール、日本酒、何でも好きなだけ飲んでいいし、好きなことをなんでもやっていいと言ってくれる寛容なホスピス。また、医師も看護師もユーモアのセンスがあり、患者や家族の前では笑顔を絶やさず、誠実で、思いやりがあり、とても丁寧です。丁寧に地に足をつけて人生を歩んできた心やさしい祖父に、『祖父が生きてきたように死んでいくための場と人』を神様が与えてくれた様に感じる。こんな場が、地域にひとつにあれば、みんな安心して思いっきり『生きることができる』と強く思う今日この頃。)痛みや咳がひどくなり、どうしても我慢できなくなった14日、医師と相談し、「薬の調整をして、様子をみてみましょう」と入院。

入院するときに、ぽっちゃりとしたかわいらしい担当の看護師さんに手を引かれて、ゆっくりと歩いて病室に入ったおじいちゃんは、男性の担当医に「うらやましいなあ、僕がかわってほしいくらいですよ」、「何歳になっても、出会いがありますね」とからかわれていました。看護師さんは担当医に、「もちろん先生はだめですよ!○○さんだけですよ」と、みんなの笑顔や笑い声につつまれながら入院しました。死にそうなおじいちゃんも、何歳になっても男性、悪い気はしていないと思います。ホスピスに入院したその晩は痛みもなく、ぐっすり眠れた様子でした。

12月16日はいとこ(おじいちゃんの孫)の結婚式。出席するつもりで、とても楽しみにしていました。一週間前に床屋へ行き散髪してきたくらいです。結婚式の二日前(14日)の入院…。

前日(15日)まで結婚式に出席するか、欠席するかを決めかねていたけれど、おじいちゃんは欠席することに決めました。結婚式のビデオを後でみんなで見ることにはしたけれど、行かないことを決めた15日の夕方、おじいちゃんはとても寂しそうでした。その日、家族は一時、帰宅。その間、おじいちゃんは再度苦しくなり、ホスピスの主治医が薬を投与。その後、医師が、ずっと一緒に部屋にいてくれ、二人で「水戸黄門」をみたそうです。不安だったおじいちゃんは医師が一緒に部屋にいてくれたことで、だいぶ安心できたと思います。おじいちゃんの主治医に心から感謝。

16日、いとこの結婚式当日。式が午後だったので、朝から祖母や叔父、いとこなど親類みんなで入れ替わり立ち代りホスピスにいるおじいちゃんに会いに。

式が終わってから、二次会に行かなかった祖母、母、私はおじいちゃんに結婚式で使ったお花を持っていきました。デジカメで撮った写真を見せてあげたら喜んでいたのでよかった。

今日は17日、呼吸が浅く、速くなっている様子。熱はないけれど、「体全体が熱い」と言っていたら、看護師さんが水枕を丁寧に持ってきてくれました。もう腹水がたまり始めている様子。水分を今のまま取っていたらお腹の水も“普通”より早くたまってしまうかもしれない。でも、元来冷たい水を飲むのが大好きなおじいちゃんに水分摂取の制限を要求したらかわいそう。

日々、おじいちゃんの様子は変化しています。明日は、どうなるんだろう。

おじいちゃんの身体にふれられるうちにたくさんふれておこう。
ヒューマンタッチの持つ意味の深さや、人が人にふれるというかけがえのない価値を痛いほどに感じます。

*************

涙腺が緩みっぱなしで…困ります。
泣き虫な私は…、おじいちゃんに何かあったとき、どうなるんだろう。
(恥ずかしがらずに、思いっきり泣こう…。気がすむまでワーワー泣こう…。)

*************
今夜、悲しくてしょうがなかった時、「悲しいと感じることができるのは幸せなこと」とふと思いました。PTSDだったり、何らかのトラウマや病気で感情が麻痺していたら、大切な人が亡くなっても「悲しいと感じることができない」ということを思い出しました…。「何も感じることができない状態がどれほど辛い事」であるかということや、「泣けるという幸せ」があることを思い出しました。
スポンサーサイト

≪ モルヒネ投与ホーム今年の自民党の「もち代」 1人 300万円 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。