るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/20

10月23日(月) 共謀の日記念 秋のピアノの夕べ

まだチケットが残っているとのことです。
舘野泉さんの奇跡的な回復については聞いたことがありましたが、実際に演奏を聞いたことはありません。この機会に共謀罪新設反対の願いが込められた、舘野泉さんとフィンランドで共に活動している仲間(お弟子さん)によるコンサートに行ってこようと思っています。みなさんもいかがですか。

共謀罪新設反対 一億二千万、共謀の日記念-秋のピアノの夕べ
東京:10/23(月) 午後6時30分 開場午後6時 (午後9時前終了見込)
東部フレンドホール(江戸川区瑞江2-5-7・都営新宿線 瑞江駅北口徒歩2分 ℡03-5666-1221)
入場券1800円

ピアニスト
舘野 泉さん
「左手のピアニスト」として、 NEWS23でも特集が放送されました。
水月 恵美子さん
平原 あゆみさん

チケットのお求めは、山脇法律事務所 03-3431-2495
または共同署名運動 03-3591-1301(救援連絡センター気付)まで
詳しくはこちらを:
http://www.kyoubouzai-hantai.org/news/siryou/061023concert.htm
*****************

共謀罪新設反対 一億二千万、共謀の日記念
秋のピアノの夕べ  についてのご案内

 この度、2006年10月22日(日)の「共謀の日」に因んで、「秋のピアノの夕べ」を催す事になりました。開催が翌日の10月23日(月)になりましたのは、今回の演奏者の御都合によります。
 舘野泉氏は、フィンランドに住んでおられる、日本(及びフィンランド)有数のピアニストであり、その透明で抒情的な演奏は、多くの人々の心を魅了しています。2002年脳溢血で倒れ、右半身不随になられましたが、演奏への熱い想いと不屈の御努力によって、左手の奏者として、奇蹟的に復活されました。
 舘野氏とそのお弟子さんである水月恵美子氏、平原あゆみ氏の三人の御協力により、今回の音楽会が実現することになりました事を、大変嬉しく、有難く思っております。

(主催者の山脇晢子さんの言葉を一部抜粋)

********************
音楽会にはあまり行かれない、
あるいは今回迷っていらっしゃる皆様へ

 10月23日に東部フレンドホールでピアノ演奏を披露して下さる舘野泉氏は、日本有数の、多分、名声と演奏活動の多さなどによって、日本のピアニストとしては、5本の指に入ると評価されるピアニストだと思います。
 しかし、私が舘野氏の演奏を望みましたのは、同氏の名声や評価を良しとしたからではありません。私は、同氏の御発病前の演奏が暖かで美しいものであった事を知っておりました。そして、同氏が闘病を経て、左手(のみ)の奏者として復活された後の本年春頃、たまたまラジオ放送で同氏の演奏を聴き、ラジオ放送による調整があるにせよ、同氏の演奏が御発病前より深まっていると感じました。ですから私は、日々のお仕事や共謀罪反対などの活動にお忙しく、音楽会に行かれることも、いわんや演奏者を選ばれることも容易ではない方々に、私が安心してお勧めできるピアノの演奏者として、同氏を選んだのです。
 本当かなとお思いの方、クラシックの音楽なんてどうかななどとお思いの方も、だまされたと思って、是非この演奏会においで下さい。必ずや、皆様のお心の琴線に触れる音楽にお会い頂けると存じます。
 尚、この「秋のピアノの夕べ」の入場券は、皆様においで頂き易くする為に、同氏の通常の演奏会のそれの、半額ないし3分の1程度になっております。

山  脇  哲  子

************************
ゲスト紹介

舘野 泉
1936年東京生まれ。60年東京芸術大学を首席で卒業。64年よりヘルシンキ在住。68年メシアン・コンクー ル第2位。同年よりフィンランド国立音楽院シベリウス・アカデミーの教授をつとめる。81年以降、フィンランド政府の終身芸術家給与を受けて演奏生活に専念し、今日にいたる。96年日本と諸外国との友好親善への貢献に対し、外務大臣表彰受賞。 これまでに、日本と北欧5カ国をはじめ、欧米、豪州、ロシア、アジア諸国、中近東の各国で3000回を超えるコンサートをおこない、その温かく、人間味あふれる演奏によって、世界のあらゆる地域の聴衆に深い感動を与えている。多彩なレパートリーを誇り、持ち前の情熱的で美しい音色を生かした演奏は音楽への愛情で溢れている。 リリースされているCDはすでに100枚に近く、いずれのアルバムも世界中の、幅広い層の聴衆の熱い支持をえている。 純度の高い、透明な抒情を紡ぎだす、この孤高の鍵盤詩人は、2001年に演奏生活40周年を迎え、それを記念して各地でリサイタルを行ったが、その翌年、脳溢血で倒れ右半身不随となる。2年半に及ぶ苦闘の日々を不屈の精神でのりきって、左手による演奏会で復帰をはたす。命の水脈をたどるようにして取り組んだ左手による作品は、静かに燃える愛情に裏打ちされ、聴く人の心に忘れがたい刻印を残す。日本の、クラシックのアーティストとしては初めての、そして最も長続きしている「ファンクラブ」を各地に持つ。
南相馬市民文化会館名誉館長。オウルンサロ(フィンランド)音楽祭音楽監督。
最新アルバム: 風のしるし・オッフェルトリウム(エイベックス)
新刊: ひまわりの海(求龍堂)
 
水月 恵美子
桐朋学園大学ピアノ科卒業。それまでにピアノを山田雄子、宝木多加志の各師に、室内楽を岩崎淑、中川良平の両氏に、また指揮を堤俊作氏に師事。
卒業後、ジュネーブ国際コンクール指揮者部門東京予選におけるピアニスト、二期会オペラ振興会、モーツァルト劇場等のピアニストとして数々のコンサートの伴奏者を務めた。また関西フィル、東京シティ・フィル、日本フィル、札幌交響楽団等と共演し、グリーグ、シューマン、ラフマニノフの第2、チャイコフスキーの第1、間宮芳生の第3ピアノ協奏曲およびサン=サーンス「動物の謝肉祭」、三善晃「樹上にて」、ストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」を演奏した。
87年に舘野泉氏の推薦によりフィンランド政府給費留学生としてフィンランド国立シベリウス・アカデミーに入学、同氏のもとで研鑚を積む。89年フィンランド音楽祭「白夜の国のソリストたち」に出演。同5月にはシベリウス・アカデミーのソリスト・コースを優秀な成績で修了し、その後は東京、ヘルシンキを中心にソロ、室内楽や声楽伴奏など多岐にわたる活動を行っている。
90年にサヴォンリンナ音楽祭にて二期会のソリスト歌手たちと共演、その年より7年間、同音楽祭の主催するマスタークラスにて著名な声楽家のアシスタントを務めた。
94年に日本演奏家連盟主催のリサイタルに出演。96年フィンランド・ヤルヴェンバーにおけるシベリウス・ウィークスに、また98年~2000年夏にオウンサロ音楽祭に出演。2000年3月には師の舘野泉氏とともに録音した「タンゴ・デュオ!」のCDがワーナー・フィンランディアレーベルよりリリースされた。
 
平原 あゆみ
1981年鹿児島生まれ。桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。第9回フッペル平和祈念鳥栖ピアノコンクールグランプリ、第21回鹿児島新人演奏会・県知事賞受賞。舘野泉が音楽監督を務めるオウルンサロ音楽祭(フィンランド)へ2度にわたり参加し、音楽祭期間中、室内楽・ソロの様々な演奏会で活躍。06年5月東京にてデビューリサイタルを行い本格的な演奏活動をはじめる。現在、舘野泉氏のもとで唯一の弟子として研鑽を積んでいる。
スポンサーサイト

≪ あの世へ向けての準備ホームいじめ ≫

Comment

今日、デモに参加したばかりなので、明日は行かないつもりでしたが、るるどさんの記事を読んだら、コンサート、行きたくなってしまいました。フィンランドの方なのですね。フィンランドで福祉を学んだことのある人で、私の素敵なブログ友達がいます。「下からの目線」という点で、るるどさんと共通なものを感じています。http://blogs.yahoo.co.jp/yamerugendai
思えば、るるどさんのこともそういちさんが紹介してくださったのでした。こんな時代にあって「下からのまなざし」で見ている人に惹かれます。

starstoryさん

コメントありがとう。

素敵な演奏会、行ってきました。
空席があり、それが残念でなりませんでした。
音楽と社会運動の組み合わせは良い試みだと思いました!

お友達のブログの紹介ありがとうございます。
訪問してみます!

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。