るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/30

学校に「通信簿」

学校に“通信簿”が導入されるという記事を読んだ。以来、これからの教育を受ける子供たちが置かれる教育環境について、いろいろと考えをめぐらす。子供は大好きだけれども、子供を産みたいという気持ちを削ぐ国策ばかりが目につく今日この頃。こんな息苦しい社会に子供を産み残したくはないという気持ちがますます膨らんでいく。(偏差値、北辰テスト、内申書などの評価ばかりが重視される学校環境は、評価に反映されないことは、軽視される傾向が強まり、学生・子供たちの持つ多様な可能性を奪ってきたと思う。それに加えて、これからは学校に通信簿が導入され、いずれ日本全国の教育の場が国によって査定される…。君が代を全生徒が起立して歌う、日の丸を毎日掲げる、愛国心をはぐくむ教育プログラム、国への奉仕等の評価も導入される日が来るかもしれない。)

今年は、一部の公立小・中学校が対象になる。将来的には私立の小・中学校や幼稚園や高校までも評価の対象になっていくとのこと。日本全国の小・中学校、幼稚園、高校までもが、国の決めた基軸に沿って評価(5段階評価)されることになる…。教育現場から悲鳴があげられてきそうな政策。

一つの評価軸で学校のレベルを示す偏差値も、子供たちの教育に良い影響を与えず、教育というものをとても狭い枠組みでしかとらえられないものにしてしまった。これからの学校の「通信簿」はどんな影響を子供たちや社会に与えていくのだろう。

教育の場から、臨機応変な対応を可能とする余裕や個別的で柔軟なかかわりの機会が奪われ、現場がますます息苦しくなっていく。子供たちも先生方もかわいそう。

子供たちの未知の可能性を伸ばす場ではなく、強固に管理された枠組みの中で子供たちを飼いならしていく時空間になっていく教育現場…。

以下、学校の「通信簿」に関する読売新聞の記事です。
*******************
「学校に“通信簿”…文科省が現場取り組みを5段階評価」
(2006年8月28日3時2分 読売新聞)

文部科学省は、小中学校の授業内容や学校運営などを客観的に評価する統一基準を定め、各学校を「評定5」から「評定1」の5段階で評価していく方針を決めた。

 国が、学校現場の取り組みを数値で評価するのは初めてで、今年度は全国124の公立小中学校で試行する。これまでも教職員や保護者ら学校関係者による学校評価は行われていたが、今回の5段階評価は、学校と直接かかわりのない第三者が各学校の真の実力を見極め、教育の質の向上につなげるのが目的だ。

 9月から始まる評価の対象となるのは、47都道府県と15政令市にある公立の小中学校各1校。文科省は来年度以降も対象を拡大し、将来的には私立や国立も含め、幼稚園や高校などへの評価も検討する。

 これまでの学校評価制度は、保護者や地域住民に、教育活動や学校運営の状況を公開するなどの目的で、2002年4月に導入された。教職員による自己評価のほか、保護者らによる外部評価を行っている学校も多いが、評価方法が統一されておらず、教職員の反省会を「評価」としている学校も少なくなかった。文科省によると、評価を数値化している学校や自治体はほとんどないという。

 これに対し今回は、文科省が、「学校における教育」「学校の管理運営」「保護者、地域住民との連携」の3分野、計18項目の評価項目を設定した。

 例えば、「各教科の指導状況」の項目では、「説明や板書など各教員の授業の実施方法」や「個別指導や習熟度に応じた指導が行われているか」など、10の指標をもとに評価。「多くの児童生徒が集中して学習に取り組んでいる」「教室内は清掃、整理整頓され、掲示物も適切」などの状況なら「評定3」になる。全国的に見てもすばらしい取り組みで、ほかの学校の参考になる場合だと「評定5」、取り組みが全く行われておらず、成果がほとんどないと「評定1」となる。

 ほかにも、複数の学校が参加する学力テストの結果などから判断する「児童生徒の学力・体力」、出席率や遅刻状況を調べる「児童生徒の出席状況」などの項目があり、これらの評価結果などを基に、学校の総合評価が決まる仕組みだ。

 9月からの試行では、文科省の職員や専門家など計3人が学校を訪問。1~4日かけて、授業の視察や校長からのヒアリング、職員会議の参観などを行う。

 今年度は試行のため、評価は学校に通知するだけで公表しないが、文科省では「将来的には、公表も検討する」としている。

 今回の試みについて、教育評論家の尾木直樹さんは、「問題点を指摘して改善を求めるなら、具体的に指摘すればよく、数値で示す必要はない。数値を上げるために、表面的な実践を行おうとする学校が出なければいいが」と懸念する。これに対し、文科省は「5段階評価は自分の学校がどの水準にあるかを把握しやすくするためのもの」としている。
スポンサーサイト

≪ 「場」づくりの必要性ホームみせしめ ≫

Comment

「評価」ってキライです。なんだかピリピリして身体が硬くなるのを感じます。学力テストだけならいいけど、態度とか姿勢とか熱心さとかそんなものをどうやって測るのでしょう。何がよくて何が悪いのか、そんなに簡単に結論を下せるのでしょうか。「長所」「短所」ってコトバもキライです。遠いまなざしと風がほしいです、焦がれるほど欲しいです。

ご無沙汰してます。お元気そうですね。
小学校・中学校くらいまでは成績なんて関係ありませんよね。
ましてや、国の方針に向けるような教育を目指すなんてもってのほかです。
我が子にいい大学・大きな会社へと願う親が益々増えて単なる競争が激しくなりそうで子供達がかわいそうですね。

そういえば我が子の友達が
「文部科学省」に決まったそうです。
相当勉強ばかりしていたようです。
「遠い存在になったなあ」って我が子がいってました。
ああいう組織の中でも「昇進」で大変らしいですね。友達にはそうじゃなく教育について貢献してほしいものです。とてもいい子でしたから。我が子は「そこそこのマッタリした会社」に決まりました。急がば回れです。
幸せな家庭を築いて欲しいと願うばかりです。

starstoryさま

コメントありがとう。

私も「評価」ってするのも、されるのも好きではありません。できれば避けたいことの一つです。今、教育の場で必要とされているのは、通気性、寛容、相互理解、多様性など、数字では評価できないことなのでしょう。

CONSAMAさま

コメントありがとう。

息子さんの就職が決まり、ほっとしている様子が手に取るように伝わってきます。何よりです。友達が「官僚」になることで、「遠い存在」になるなんて・・・。今までの友人関係を大切にして、互いに刺激しあってほしいものですね。

ちなみに、文科省の官僚の子供はみんな私立に通っていると聞いたことがあるけれど・・・。本当のところはどうなのでしょう。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。