るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/16

保険と日本人 雑考

生命保険の金額や加入割合が世界一である日本(参考:世界各国の保険事情より http://www.ansin.ne.jp/mac/sekainoseiho.htm)

日本の保険事情を知ると、世界中の保険会社に日本人が狙われてもしょうがないような気もする。

「保険の好きな日本人」
「日本人を見捨てようとしている日本の公の福祉・保健・医療制度」
「安心・安定をお金で買えると信じている日本人」
“保険教”の信者が多い日本は世界の保険会社にとって美味しすぎる市場になってもしょうがない・・・。

日本人と保険について考えていたら、「ふりこめ詐欺」を思い出した。人の弱みに付け込んで、お金を持っている人を狙う「振り込め詐欺」。日本の保険屋さんも含めて世界の保険会社は、「安心をお金で買うという信仰」を持つ日本人の弱みに漬け込んで、日本人一人一人のお金を狙っているような気がする。

日本人がみんなで意識を変えて、保険を拒否し、保険依存から少しは脱却すれば狙われることもないのにと思う。日本人は保険以外に、お金以外に頼れるものや安心を得られるものを、すでに失ってしまったのだろうか・・・。過度な民間保険への信頼や依存が日本の共同体や人々のつながりや信頼を崩した部分も少なからずあると思う。限りなく保身で、いさぎよくない多くの人々・・・。

(どうすれば、お金以外の方法で、もう少し安心しながら生活することのできる社会をつくることができるのだろう・・・。)
スポンサーサイト

≪ うつ病 雑考ホーム天使たち ≫

Comment

お邪魔します。

 根本は日本人が「縁起でもない事を考え
る事が苦手」だからではないでしょうか。今ド
イツで行われているワールドカップでも今の
ような展開は十分予想し得たにもかかわら
ず、「ガンバレニッポン」で覆われてしまいま
したし、トリノオリンピックでも外国のスポーツ
専門誌が「日本はわずかしかメダルは取れ
ないだろう」と予測していたそうですから(結
果はご存知のとおり荒川静香の金1個です
が、そうしたらその"金1個"にとことん集中し
ています)。

ブロガー(志望)さん

コメントどうもありがとうございます。
そうですね。一般的に日本の多くの人は「縁起でもないこと」、見たくないこと、考えたくないことは避けることが得意なのかもしれませんね。

ブロガーさんのコメントで思い出させてもらったことがあります。日本人は遺書を若い頃から書き残したり、自分の意識がなくなったときにはどんな治療・緩和ケアを施してほしいなど記述してきちんと残すことはあまりしませんね。「自分がボケたら誰か何とかしてくれるんだろう」「自分が死んだら残った人が何とかするんだろう」という意識が強いのかもしれません。

「頑張れ日本」に始まり、「感動をありがとう」でおわるお祭り騒ぎ・・・。お祭りもスポーツも大好きですが、あまりにも形式的で、ワンパターンすぎるのは考えものですね。

色々考えさせられるコメントどうもありがとう。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。