るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/07

「日本は楽ですよ」

ある研修へ行った時、その講師(医師)が「日本は楽ですよ」ということをくり返し言っていた。

その講師の方は、数年前に、研修の為、欧州のある国に一年間滞在していたらしい。きっと、その時の外国生活が大変だったのだと思う。そして、その国の社会と比べると日本は「楽」だという。

一つの例としてあげていたのは、日本では、疲れた顔をしていると「大丈夫ですか?」と周りの人が心配して察してくれるという。でも、滞在先の国では、どんな顔をしていても、自分から「頭が痛い」と言わなければ誰も心配してくれないということを話していた。

日本での生活が決して「楽」でない私にとっては、講師のいう「日本は楽」という言葉をすんなり受け入れられなかった。

先生にとっては日本の生活が楽なんだろう。私にとっては大変。
私の身近(特に職場)で海外の話になると、いつも「日本はいい」「日本は楽」という言葉が耳に入ってくる。そんなことが繰り返しある。

周りを見回してみると大抵そんな風に言う人たちは、日本で社会的に成功し、ある程度の社会的地位を持っている人たち。日本は「先生」や「上司」や「目上の人」にとってはとても生活しやすい所なのかもしれない。「下」の人たちがいろんなことを察してくれる、下準備は「下」の人たちがやる。「下」の人たちは「上」の人たちに対してとても低調で、大抵の場合「上」の人たちの思いのままの意見が通る。場の空気は「上」の人によってつくられる場合が多い。そしてその「上」「下」関係は、ほとんど崩れることがない。「上」の人の地位はよほどのことがない限り脅かされない(あぁ~怖い!)

私にとって、なぜ日本社会の居心地が悪いのか、理由がまた一つ見えたような気がした。永遠の「下っ端」の私にとっては、海外での生活のほうが「楽」なのかもしれないという考えがさっと頭をよぎっていった(どこで生活していても、いいことも大変なこともあるから、そうでないことは、わかっているのですが・・・。まあ、多くのほとんどの社会では、主流社会に属している人たちは、その社会の中では居心地がいいんだろう。それにしても日本は色々な面で流動性に乏しく、硬直していると思うのは私だけだろうか・・・。)
スポンサーサイト

≪ 不自由な社会ホームマザーテレサ ≫

Comment

日本で生まれてアメリカに長いこと住んでる友人がいるんですね。

日本もアメリカも両方嫌だと言います。

アメリカについては生命観や自然に対する感覚が違う。物質主義的だと言います。

日本については何を言っていたか忘れました。笑

その友人曰く徹底した能力社会のアメリカは厳しい社会だと良く言ってました。

日本は僕から見てもまあ甘いですね。

だけど楽ではないですね。

他国と比べればきっと良いところも悪い所もあるでしょうね。

ここまで書いて思い出しました。日本の治安の良さは他国とよく比べられますし誰もが褒めたたえます。

日本の居心地の悪さはきっと狭い国土に多すぎる人口。

社会管理が進みすぎて画一化されて息が詰まりそうなんですね。

集団主義が居心地の悪さの原因かなあなどと思います。

欧米の個人主義はそっけないものだし。

かといって日本のようにあんまり濃すぎるのもなあ。

だから核家族化や社会的無関心が流行るのかも知れませんね。

以下のURLはアメリカの友人のHPです。

http://littlesky05.blog21.fc2.com/

そういちさん

コメントありがとうございます。
ご友人のHP、拝見させていただきます。

何処に居てもこの世にユートピアはありませんから、どこの国が良くて、どこの国が悪いということではないのかもしれません。どこにいても生きるのは大変ですものね。北朝鮮にだって、権力を持ち裕福な生活をしている人々はいるようですし、アメリカにだって貧しくて飢えているホームレスはたくさんいます。

今の自己を知り、どこで、何を大切にしながら、どのように生きていきたいか、それらを軸にして自分なりの人生を全うすることしかできないんだろうなぁなどと考えたりします(願い通りの人生を送れるわけではないけれど)。

生意気なことをどれだけ書いても、叫んでも、人生わからないことだらけ・・・。 

僕にも似たような思いは常にあります。

この国の排他的な村社会。

嫌なんですけど

僕の中にもあるのですね。

そういちさん

そうですね。どんな社会にも程度が違うだけで排他的な部分は存在するのでしょう。
でも、「排他的な村社会」、集団主義、画一主義、管理社会は居心地が悪そう。

自分の中にもあるのかなあ・・・。

>「先生」や「上司」や「目上の人」にとってはとても生活しやすい所
その通りですね、会議でも発言はイエスマンばかりで最終的には社長の一言でオシマイ!です。誰も異議なしです。
下の会社人間にとっては確かに楽ではないです。

CONSAMAさま

コメントありがとう。
やっぱりそう思われますか? 日本の会社でも最近はイエスマンばかりではなく、色々な意見をいう人が増えたのかなと思っていたのだけれど・・・。昔とあまり変わらないんですね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。