るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/05

ルミ

連日、熱が下がらない。こんな高熱十何年ぶりだろう。風邪であるのは、わかっていても、辛い時は辛い、弱気にもなる。

風邪を引くたびに「死ぬかもしれない」と言っていた学生時代のルームメイトを思い出す。彼女は普段人一倍元気なのに、風邪を引くと、「もう死ぬかもしれない」と言っていた。元気になると「風邪を引いて、死ぬ死ぬと言っていたのは、誰だ?」と思わせるほど元気だった。そして、次の日にはレオタードを着て、「エアロビクスを教えに行ってくるね!」と言い、風のように出て行った。

私もいつ死ぬかわからない。もし死んだら好きな詩と葬ってほしいなぁと思いつつ、特に好きな詩の一つを思い出す。

ONLY BREATH (by Jelaluddin Rumi)

Not Christian or Jew or Muslim, not Hindu,
Buddhist, sufi, or zen. Not any religion

or cultural system. I am not from the East
or the West, not out of the ocean or up

from the ground, not natural or ethereal, not
composed of elements at all. I do not exist,

am not an entity in this world or the next,
did not descend from Adam and Eve or any

origin story. My place is placeless, a trace
of the traceless. Neither body or soul.

I belong to the beloved, have seen the two
worlds as one and that one call to and know,

first, last, outer, inner, only that
breath breathing human being.



There is a way between voice and presence
where information flows.

In disciplined silence it opens.
With wandering talk it closes.


ルミの詩を紹介してくれたのは、イスラム教徒のインド人でアフリカ出身の英文学の先生だった。英語は彼の母国語ではなかったのに、英文法には厳しい先生だったと聞いたことがある。精神性の高い詩や物語が好きだったようで、そんな本をたくさん持っていた。奥さんは「もう本は買わないと約束したのに、知らないうちに家中が本の山よ」と困った風に笑いながら話していた。時間があるときには、留置所へボランティアで訪問に行ったり、イスラム教について話してほしいと呼ばれると何処へでも行っていた。

親元から長い間離れていた私に、「両親だと思っていいよ。なにかあったら、いつでもここにいるから」とよく言ってくれていた。私には親といえる人たちが、実の親以外に複数いる。幸せだと思う。親孝行していない自分が恨めしい・・・。

いろんな思い出が頭を駆け巡る・・・。そういえば死ぬ時は、瞬時に昔の思い出が頭の中を駆け巡るとか言うよなぁ。

こんなこと考えていないで、もう、寝よう。明日は熱が下がっていますように。
スポンサーサイト

≪ マザーテレサホームグループ ≫

Comment

夏風邪は大変です。お大事になさってください。

熱は、もうさがりましたか?
早く良くなるといいですね・・・
風邪のときは、心細くなりますよね。
特に、一人暮らしのときはよけいに心細かったりしませんか。

るるどさん お熱は大丈夫ですか?
最近 風邪がはやっているんですよね。

看病してくれる人が居られると良いのですが
また、様子を見に来ますね・・・

素楽さん

お見舞いの言葉ありがとう。感謝です。
そういえばもう夏かぁ・・・。

リカさん

お気遣いありがとう。
今は家族と生活しているので、幸いにして家に戻ると一人ではありません。一人だと病気になった時は本当に心細いですね。
熱は・・・まだ下がりません・・・。

きんたろうさん

様子見どうもありがとう。
まだ、何とか生きております。
電車に乗っていると咳をしている人がいるので、「ぁ~私だけじゃないんだ・・・後もうちょっと・・・」と自分を騙し騙し通勤してます。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。