るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/07

五感をひらき、自然の恵みを受ける

連休は、新治村の湯治場でゆっくりしてきました。
疲れきっていた心と体が、自然の恵みによって癒されたようです。

東京へ通勤していると無意識かもしれませんが、できるだけ感覚を閉ざそう、できるだけ感じなくしようとしている自分に気づかされます。<汚れきった空気をあまり深く吸い込みたくないという思いから、大きな車が煙を出して傍を走っていると、空気を吸い込むことを一瞬躊躇する><知らない人と体と体をぎゅーっと触れあわせている満員電車の中では、目をつぶり周りの人が存在しないかのように振舞う><騒音いっぱいのまちの中では、自分に関係のない音はできるだけ聞かないように意識をもっていく><蛇口をひねって出てくる水道水を口にすると、塩素やカルキなどの匂いや味が気になり、安心して水を飲むことができない><添加物だらけのコンビニのお弁当を見ていると食欲が失せていく>。

自然の中にいると、自然の恩恵を受けようと五感が自然と開いていくようです。<うぐいすの「ホーッホケキョ」という声、山鳩の「ポー、ポー、ポー」というやさしい声を聞こうとして耳を澄まそうとする><冷たい透き通った雪解け水が湧き出ていると、手を伸ばして飲んでみたくなる><澄んだ空気を思いっきり吸うことができ、その空気が体を循環していくことが想像できる><遠くに見える雪山、田植えを控えた田、山の木々のなかにうっすらと桃色に浮かびあがる山桜など、目の中に収めたくなる風景でいっぱいで、瞬きをするのもおしくなるくらい、いろんなものを見ようとする><自分で取ったたけのこや山菜や野菜を料理していると、食欲がわいてくる><きれいな花があると、顔を傍に寄せて花の香りを感じ取りたくなる>。

数日間でしたが、自分がすでに持っている五感のいとおしさや大切さを自然から学び、生きるエネルギーを与えられました。

「不便でもいいから、自然の中で暮らしたい」という想いがますます募ります。
スポンサーサイト

≪ 自由が欲しいホーム野仏 ≫

Comment

連休も終わりましたね。

TB、コメントありがとうございます。
「自分がすでに持っている五感のいとおしさや・・・」を読ませていただいて、そうだった、私にも、もともと備わった感覚があるんだったと気づかされました。
毎日の忙しさにまぎれてしまっても、自分の中の五感をみつめる余裕をもちたいと思いますが、なかなか難しい気もします。
ありがとうございます。

日々の忙しさに振り回されていると、自分たちがすでに持っている宝物に目を配る余裕さえも奪われてしまいそうな時があります。

こんな世の中で、感覚が鋭くなると生きづらくなることも・・・。

足跡を残してくれてありがとう。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

感覚をとりもどしたい。

 まったく的はずれかもしれませんが、私も、この何ヶ月かで、いろいろ身につけたかもしれない知識より、たいして難しいことは知らなかった頃の感覚のほうが、案外、信じられるような気がするんですよね。また、その頃の、何の根拠もないけど、なんとなくそんな気がするって

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。