るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/09

身体性と大地

最近、「言葉」や「お金」について考える。

大学の先生や評論家、証券や金融業界の人たちと話すことが時々ある。でも、あまり幸せそうな教授や金融関係の仕事人に出会ったことがない(もちろん、その中には素敵な人や幸せそうな人もいるけれど・・・。)とてもきれる言葉を使い、言葉を巧みに使いこなす人がいる。時々、冷ややかな言葉の鋭さに「ぎょっ」として、その場から逃げ出したくなることもある。また、株を持っている人たちは、大きな株価の変動があると、気持ちが揺れる。そんな人たちとは、株価が極端に下がったり、上がったりしている時は、ちょっとだけ距離を置きたくなる。

そんな風に、お金や言葉について考えていた時、農家の人や身体の感覚を大切にしている人と出会った。「身体」や「大地」と揺るぎない信頼関係をもっている人たちは、軽い「言葉」や「お金」に騙されたり、振り回されないような印象を受ける。揺るぎない自信が伝わってくる。

「大地」や「身体性」が軽視されているこの時代の流れの中で、「言葉」や「お金」がますます幅を利かせている。

人間は不安定な存在。何かしら揺るぎないものに支えられているという自覚を失うと、生き辛くなっていくような気がする。フワフワした「お金」や「言葉」だけを盲目的に信仰し続け、巧みに操り続けていると、醜く、卑しくなっていくような気がする。

そんなことを、ふと思った。

踊りの先生や助産師さんやお百姓さんがうらやましい・・・。
スポンサーサイト

≪ グローバリズムを感じるときホームお風呂 ≫

Comment

こんにちは!るるどさん
私の苦手なのは「話すこと・お金を儲ける事」です。
まさに今の世の中「巧みな話術とお金」で世の中どうにでもなるような風潮ですね。
話すのが苦手・思いを伝えるのが苦手、お金を持たざるものには生きにくい世の中です。
株とは資本主義の根幹といわれてもなあって感じです

CONSAMAさま コメントありがとう

こんばんは!私も同じく苦手です。
不器用で、ハッタリも利かないので、生きるのが難しく感じることも少なくありません。でも、自分と似たような人といるとほっとして落ち着きます(なかなか会えないけれど・・・)。

株のことは良くわかりませんが、先物などをやって財産を失った人の話もたくさん聞いたことがあります。資本主義は、人間の欲に支えられているシステムであるような気がします。資本主義に代わる“いまひとつの”システムはないのかなあ・・・。

もう、こちらは桜の花びらが舞っています。元気にしていますか?

励ましの言葉ありがとうです。
こちらは今日も雪が降りました。まだ冬です。
月曜日は一番疲れて苦手なのですがなんとか頑張ってますよ。るるどさんもますます頑張ってくださいね。

CONSAMAさま コメントありがとう

昨夜は徹夜仕事で朝帰りでした。数時間睡眠をとり、夕方に再度出勤し、今帰りです。疲れ気味です。
まあ、お互いに息抜きしながら、頑張りましょうね。

日本に戻ってきてから、北国に遊びに行きたいなと常に思っているのに、まだ願いがかないません。そちらは、もう桜の時期ですか。先週、東北の方が吹雪が吹いていたといっていましたから、桜にはちょっと早いのかもしれませんね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。