るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/12/26

自民党圧勝がもたらすもの

今回の選挙では、民主党が大敗して、自民党が圧勝したとのことを北欧で聞いた。
ショックだった。

戦後60年間、人民に問わずに原発建設を主導してきた党が再選。
日本の大きな赤字をつくってきた党が再選。
日本が景気の良かったときに、何もせず、ばらまきばかりしていた党が再選。

信じられないことだ。

民主党の野田首相は、自民党以上の自民党寄りの首相だった。財務省から慕われ、最初から嫌で、
野田が首相になった日からチョコ断ちをしたけれど。民主党の野田の自民党的な動きによって民主党が大敗し、自民党が復活。

これから、今まで以上に保守的な日本になる気がする。日の丸、国家、お国のため、痛みを分かち合うなどとメディアが歌い上げ。。。多くの人たちが納得のいかない生活を強いられていくような気がする。

インフレ、円安の動きが出始めている。

保険や年金の積立金の取り崩し、低い報酬、見通しのつかない生活設計、格差、不満、あきらめ・・・などなど

今後、どうなっていくのか心配。

一度大敗した自民党を覆すのはたやすいことではないよなと思う。既得権益の復活で、うれしくてしょうがないだろう自民党を考えると腹立たしい。

自民党には、自分たちのしてきたことの反省をまずしてほしい。
民主党には、今後政権を取る時のための準備を始めてほしい。
社民党には、少しでも自分たちの存在価値を高めるために党のポリシーをはっきりさせて、魅力ある政党づくりをしてほしい。
共産党には、日本が間違った動きに入らないよう、常に第三者的な目を持って、冷静に今の政権を吟味し、バランスの取れる社会にしてほしい。

日本には第二政党ではなく、いくつもの政党があるほうがよく機能すると思う。
スポンサーサイト

≪ なぜ 自民党?ホーム男女関係 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。