るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/02/02

女と男

一昔前、3高(背、給与、学歴の3つが高い)の男性と一緒になることが、女の求めていることなんていわれていたことがあったけれど、今の女性は何を求めているんだろう。

男の人って女性に何を求めているんだろう。

社会的、経済的に男女が不平等の国では、女性が男性を生きていくための一つの装置として使うような気がする。経済的な安定を結婚で得ることも可能だから。女性にとっても男性にとっても、色々な面で差別がなくなることはよりよい関係を築くうえで大切であるような気がする。

平等って、一律的とか同じということではなくて、異なることや物の間でも、平等であるということは十分にある。だから、男、女、性差はあっても平等はありえる。
スポンサーサイト

≪ ビューティフル・マインドホームジャーナリスト宣言 ≫

Comment

始めまして。確かに女性から見ると、男性は生きていくうえでの1つの装置として見ているような所は在りますね。
女性が結婚せずに一人で生きていくには、世の中は不平等で差別に満ち溢れていますから。
シンデレラの事が書いてありましたが、あれは現実の女性の一面を良く表していると思います。
カッコいい王子様(男)、何不自由ない王宮の暮らし(お金)、王子妃という立場(権力)。何時の時代の女性でも、求める物は同じです。
男性が思っているよりは、女性は強かで現実的なんだと思います。

河村萠梨 さま

コメントありがとうございます。
そうですね、確かに、したたかな女性はおおいですね。男性は女性が考えるより、単純なのかも知れません。私はどちらかと言えば、男性のように単純・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。