るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/20

孤立死

一人で死んでいくのは、まだ納得いくけれど。。。
親子、家族単位で、社会から孤立して、何の助けも得られずに死んでいくなんて。非常事態だとおもう。
その人たちは、自分たちの死を通して、社会に無言の申し立てをしているのだと思う。

そんな家族や親子は生きている間、SOSを出しても、だれもそれを受け止めてくれなかったのだろう。
それどころか、SOSを出したときに、傷ついたことの方が多いのかもしれない。

困り事のある人たちや家族がいても、SOSを出している様子があっても、関心を寄せず、他人事だと見てみぬ振りをする人たち。
SOSを出している人が近所にいても、あの人の自己責任、あの親の責任、あの家族の責任、私とは関係ないと言って、出来るだけ関わりを避ける人たち。
SOSを出している人たちがいても、私だって余裕がないのよと言って、耳も貸さない人たち。

お互いにちょっと気持ちに余裕を持ちながら、お互いに迷惑をかけ合って、ちょっとお節介をし合うような社会の方がみんな安心して、人間らしく生きられるのだと思う。

家族や親子の孤立死は、死という形で社会に見えてくるけれど、
生きている間も孤立させられていたのだと思う。

高齢だから、お金がないから、障害を持っているから、仕事がないから、病気だから・・・と孤立感を持ってしまいそうな現状や思いを感じて生きている人たちは少なくない。
理由はなんでも、人に言わなくても、多くの人たちは何らかの生きにくさを抱えている。
いきにくさや困り事を持つ人たちが孤立しない社会をつくるために、今、なにか変えていかないと、いつか、みんなが住みにくい社会になってしまう。
まずは、何もしなくても、聞く耳を持って、現実を見る目を持とう。そうすると困り事をもった人たちや生きにくさを抱え込んだ人たちの声が聞こえてくる。姿が見えてくる。
スポンサーサイト

≪ 胸が苦しいホーム2012年 春 ≫

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。