るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/21

金丸君

ご冥福を祈ります。
知的障害者の施設へボランティアへ行った時会った金丸君。
彼は本当にあそこの施設にいなければならなかった知的障害者だったのだろうかといまだに思う。
自分で作詞作曲して、ギターも引いたりしていた。そして、話しているとこの人は知恵のある人だなあといつも感心させられていた。

そんな彼が死んでいた。心筋梗塞だったという。

ボランティアに行かなくなって、その後、精神病院へ入院したと言う。
その病院へ言った人は、その病院は鉄格子だらけで、あそこへ入ったら人権も何も守られないと話していた。

きっと入院して、精神の薬を投与されたのだろう。量が多いと心筋梗塞を起こして死んでしまう場合もあると聞いたことがある。彼はきっとそうやって「殺された」のだと思う。

知的障害者が精神病院に入れられてしまうケースが少なくないという。そんな人たちの人権はないも同然であるような気がしてならない。どうすれば彼ら、彼女の人権が守られるのだろう。考えるだけでも辛い。
スポンサーサイト

2010/08/20

遠い親戚の女性の死

私より数年年上のお姉さんが7年前に自殺をしていたと言う。
小さい頃数回会ったことがあるだけで、結婚して、幸せにしていると聞いていた。

そしたら、7年前からいなかったなんて・・・。
結婚して、子供もいて。娘が4歳の時に・・・。
今その子も、もう11歳。

何があったのだろう。お姑さんとうまくいっていなかったという。
結婚した相手は、一人息子で、マザコンだという。
家は資産家だそうだ。

なんか、やるせない気持ちになる。逃げて実家に戻ってくればよかったのにと思ってしまう。

2010/08/16

円高

日本の製造業の息の根を止めるまで高くなり続ける円。
日本の製造業の可能性がなくなった頃、急激な円安が始まるのだろう。
そうしたら、円の価値は急激に低下し、日本で生活している人たちは、
国内産でまかなわなければ生活できなくなる。

今から、製造業から他の産業へ転換しなければ、将来的に日本全体が経済的にがたがたになってしまいそう。

自給自足の力をつけ。身の丈の生活を知り。じぶんたちの付加価値を見出し。日本語はもちろん第二、第三ヶ国語も話せ、地球のどこへ行ってもコミュニケーションを図れる力をつける。

そんなことを出来る人から始めていかないと・・・と強く思う今日このごろ。

2010/08/16

平和主義者が殺されていた頃の日本

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1250117450/-100
生々しい弾圧の実態 元職員の井形さんが特高警察の「執務心得」を保管
2009.8.12 23:37

http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/090812/trd0908122339016-n1.jpg
戦時の資料をもとに研究を続ける元特高刑事の井形正寿さん=7日午後、大阪市福島区(安元雄太撮影)

 終戦直前に特高警察で勤務していた大阪市福島区の井形正寿さん(88)が、当時の職場からひそかに持ち出して保管していた 「特別高等警察執務心得」など内部文書の研究を進めている。15日の終戦記念日を前に産経新聞の取材にこたえ、 「新米だったので仕事には違和感があった」と語った。文書には個人の思想信条に立ち入って監視、拘束もした特高警察の活動実態が生々しく記され、専門家も「現物が残っているのは珍しい」と注目する。

 井形さんは昭和18年に大阪府警の巡査になり、20年7月から同10月まで八尾署特高係に勤務。共産主義者や朝鮮人の思想調査や行動監視などを担当、対象者の手紙を無断で開封して内容を確認したり、学校関係者に朝鮮人生徒の成績を低くつけるよう働きかけるなど、工作活動にも携わった。

 終戦の日の午後に上司に呼ばれて捜査資料など大量の文書を渡され、処分するよう命じられた。しかし「これは後世に残さなければ」と感じた井形さんは、ひそかに持ち帰って自宅で保管。「執務心得」はその一部で、各署の特高課長など幹部だけが持つ文書だったため、井形さんもこの時に初めて目にしたという。

 「執務心得」は、思想取り締まりや弾圧的な捜査などの作業手順などが細かく書かれ、井形さんは「私は新米だったから特高の活動に違和感を持っていたが、何年もやっていたら染まってしまって何も感じなくなっていただろう」と話す。

 第1章で「社会運動に対しては…合法のものといえども…絶えず動向に注意」などと規定。実務面では、「尾行」「指紋」など項目ごとに手順を示し、外国人や労働運動などについての報告書の様式などを細かく定めている。
 井形さんは「特高の現場を経験した人間は残り少ない。こんな冊子ひとつのせいで人々が苦しんだということを、歴史の現実として残したい」としており、保管してきた他の資料とともに研究。文書に注釈をつけたり、当時の実体験と照らし合わせて 解説を書くなどの作業を進めている。最終的には広く一般に公開したいという。

 特高警察の活動を研究している上越教育大学の小島伸之准教授(日本近代法史)は「これまでの研究で『執務心得』の内容は明らかになっているが、実際に現場でどのように運用されていたのか興味をひかれる」と話している。

********************************
どのくらいの数の人々が治安維持法のもとで、特高警察により拷問を受け、命を奪われたり、狂わされたりしたのか知りたい。

ホーム

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。