るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/25

「男性中心」

以前から、能力、向上心がある女性たちが退職されていく様子を見かねて、
”お坊ちゃま”に「能力のある女性をああやって使い捨てにしてなにも気にならないのですが?」と聞いたら。
「この会社は男性中心だからね・・・」と言われた。

ちなみに、この“お坊ちゃま”今年、会社の役員になった。昇給、昇格、とってもうれしいらしい。
昇給する前に、年収1000万円台の報酬を得ていたのから、今は相当報酬なんだろう。

会社は相当景気が悪く、人員削減しているというのに、役員たちはなかよしクラブ。
自分達の待遇だけ益々良くしている今日この頃。

最近サラリーマンの気持ち、考えること、思考回路、姿勢などなどいろいろわかるようになってきた。
そんな組織に長くいたら、人間がだめになりそう。
スポンサーサイト

2010/07/17

不安

と在る施設に来るようになった男性がいる。
今の年齢はわからないけれど。。。14歳から精神病院に入っていて、
長期間の入院後、自宅に戻っている。

初め彼は、表情も硬くて、コミュニケーションもうまく取れなかった。
だけれど周りの人たちは、忍耐強く関わっていた。

そうすると表情が少しずつ柔らかくなって、最近は双方向のコミュニケーションが取れるようになってきた。
彼にとっては自宅には居場所がない。
大好きだったお父さんも入院中に他界してしまい、しかも葬儀にも出席できず、
人間不信に陥っている。

不安なのか、夜は警察に行き、昼間は施設に来て、人を見つけると、側に来て、話し始める。
一人で居るのが不安なのか、いつも誰かの側に行き、一生懸命に話し始める。

でも、居場所を得てきたからなのか、なんとなく彼が安心して一人で居る姿も最近は見かける。
居場所って大切なんだとつくづく感じる。

2010/07/17

裏切りと孤独と・・・

学生の頃、同級生にとてもきれいな女性がいた。
男性からとても好かれていて、その人が居るだけで場が華やかになった。
長い間お付き合いしていた人がいたようだったけれど、
別れたと聞いた。

その後、いろいろな男性と付き合い始めた。
何があったかは、私は知らない。だけれど、同時に何人もの男性と付き合ってみたり、別れたり・・・。
嘘つかれたとか、裏切られたとかなどの話しをそれとなく聞いた。

彼女だけが悪かったとは思わない。彼女が遊ばれていたのかもしれない。
その後何年もたった後、彼女は多くの友達との関係も絶ってしまい、
孤独で、誰も信じられないと言っていた。何があったのだろうとふと思う。

2010/07/17

次は何...

日本振興銀行は他の銀行に比べて金利が高いけど、何でだろうと不思議に感じていたら・・・
新聞沙汰になった。

「床下の小人たち」という本を読みたいなあと書店に行くたびに見ていたら、いつの間「借りぐらしのアリエッティ」として映画化されていた。

次は何だろう。今気になっていることは何だろう。

2010/07/17

夏風邪

今年は久しぶりに夏風を引いてしまいました。
なかなか治らない夏風邪・・・先週も家でゆっくりしていましたが、
まだ週末も・・・良くならず、農作業は自粛。

でも、風邪になり普段のペースが崩れてゆっくりしていると、何が大切なのかみえてくる。

2010/07/14

梅棹忠夫さんと友人と・・・

大学にいたとき、人類学を専攻していた友人O君がこの人が僕の師匠だと見せてくれた写真があった。

ふと、あれは誰だったんだろうと思い出すことがあった。

梅棹忠夫さんが他界したニュースを彼の写真を見て、あっ!彼だったんだとわかった。

そういえば友人はいつもフィールドワークといって家に居なかった・・・。

2010/07/14

玉ねぎとじゃが芋と土と・・・

庭に植えたじゃが芋と玉ねぎの収穫・・・。
悲しいかな、ちっちゃな芋と玉ねぎしか取れない。

つくづく土の大切さを感じされられる。
住宅街の土じゃ・・・野菜には充分な栄養が行き渡らないんだね。
それに、周りに大きな木があって日当たりも充分じゃなかったから。

一つのちっちゃなじゃが芋を見つめながら・・・これって原価計算したらいくらだろうと食事中に家族と話した。
きっと千円くらいじゃない。

野菜の原価計算をきちんとやったら有機野菜は相当な値段だと思う。

農業にたずさわって汗水流して野菜作りをしているひとたちは、ありのままの原価を世の中に示したほうがいいと思う。どれだけ大変な思いをして野菜を作っているかを。。。。
税金を投入しなければ成り立たない“産業”だとおもう。

2010/07/14

女性と会社と期待と・・・

有能で、前向きで、やる気いっぱいの女性が次々と辞めていく職場。
本当にもったいない。

来る女性に何も期待せず。女性と男性の仕事の区分けが明確。
それが嫌なら辞めてくださいと言う。

でも、試験をやると女性のほうが男性よい成績がいい。

でも、会社は女性に何も期待していないのが良くわかる。

日本の女性の能力やエネルギーはどこへ行ってしまうのだろうと思うこのごろ。

ホーム

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。